血の轍 最新第87話ネタバレを含む感想と考察。

血の轍 8巻

第87話

※前話”86話”のあらすじのみ。第87話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第86話のおさらい

自分が静一だと言うしげるに静一はまともにとりあわず、しげるに帰宅を促す。

突然しげるが、かわいそうと呟く。
「半分、死んでるんさね。」

驚き動きを止める静一。

「しげちゃん……かわいそうに。ゆがんじゃったんね。」

自分が静一で、目の前にいる静一をしげるだと思い込み、しげるは続ける。

「半分……死んだまんまで。殺された……のに……死ねなかったんだいね……つきおとされて……ほっとかれて……」

静一は明らかにおかしな様子のしげるから視線をそらすことが出来ない。

「ねえ…僕を…置いていくん……? 置き去りに……して……」

「もどして……僕が……ゆがむ前に……」

「もどして……」

 

スポンサーリンク



 

呆然としげるを見つめていた静一は、ようやくしげるに応える。
「しげちゃん……置いていくんじゃない…よ…」

「元には…戻せない……けど…でも…」

「かわいそうじゃない。かわいそう…なんかじゃ…」

「僕は……僕だってゆがんでる。でも……生き返れる。半分死んだままじゃない。」

そして静一はしげるに手を差し伸べて再び帰宅を促す。
「こんなところ…もういなくていい。」

しげるは、どこへ帰るのかと静一に問う。
そして力なく曲げた両手首を顔の前に上げて続ける。
「じゃあ僕は…誰…?」

君はしげちゃんだよ!! と語気を強める静一。

しかししげるはすぐに、ちがう、と静一の言葉を否定する。
「僕はママだ。」

しげるの全く予想外の発言に、静一は言葉を失っていた。

 

スポンサーリンク



 

「ママは…消えない。ママは…僕にくっついてる。」

「くる…」

「帰ってくる…帰ってくるよ…帰ってくるよ…」

静一は、何を言っているのかとしげるに問い、あくまで帰宅を促す。
「もう……帰ろうよ。しげちゃん…」

「…静一…」
静一の耳にかすかに声が聞こえる。
思わず振り向く静一。

「…静一…」
静一を呼ぶ声は、背後にある林から聞こえる。

ママ、と呟いたしげるの顔は表情がわからなくなっていた。

第86話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

スポンサーリンク



第87話

※後日追記予定。

あわせてよみたい
押見修造先生のおすすめ作品や経歴をなるべく詳細にまとめました。

血の轍第5集の詳細は以下をクリック。

血の轍第4集の詳細は以下をクリック。

血の轍第3集の詳細は以下をクリック。

血の轍第2集の詳細は以下をクリック。

血の轍第1集の詳細は以下をクリック。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA