GIGANT ギガント最新第68話少佐ネタバレを含む感想と考察。着実に作戦を進めていく戦士たち。しかしサタンの力は彼らの想定を超えていた。

ギガント 第4集

第68話 少佐

第67話のおさらい

鬼頭軍曹がサタンの気を引き付けている間、サタンに向かって駆けていく桃ノ木少佐、ヘフナー伍長、塩沢上等兵。

まず塩沢上等兵が一人でサタンに向けて跳躍していく。

サタンに向けて次のビームを放とうとエネルギーを集中させていた鬼頭軍曹に、サタンは念動力で反撃する。

頭部を攻撃された鬼頭軍曹のヘルメットが前後で真っ二つに割れる。
鼻血を流し、必死に耐える鬼頭軍曹。

サタンの不意をつく形で、背後から巨大化した塩沢上等兵がタックルをかます。

サタンが川に手を着いたスキに、桃ノ木少佐とヘフナー伍長がサタンの顔に取り付いていた。

スポンサーリンク



必死に頭を左右に振って二人を払おうとするサタン。
しかし桃ノ木少佐は鼻に、ヘフナー伍長には耳に侵入を成功させていた。

サタンは塩沢上等兵に向けて腕を叩きつけようとするが、その攻撃は巨大化を解いた塩沢上等兵の頭上を空振りするのだった。

鼻の穴と耳の穴に侵入した二人を振り払おうと必死で頭を振るサタンの隙をつき、元のサイズに戻った塩沢上等兵もサタンの口から侵入を試みる。

その隙に鬼頭軍曹がサタンに浴びせた光弾は、サタンに胸から大量に出血させるほどのダメージを与えていた。

サタンの体内に侵入した三人はサタンの深部へと向かう。

第67話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

スポンサーリンク



第68話 少佐

鬼頭軍曹の攻撃を受けたサタンの胸からは、血が噴き出していた。

露出した臓器を見て、追い打ちをかける鬼頭軍曹。
額にエネルギーを集中していく。

その頃、左右それぞれの耳穴からサタンの体内へと侵入した桃ノ木少佐とヘフナー伍長は、同じような行き止まりに突き当たっていた。

サタンに向けてビームを発射する鬼頭軍曹。

サタンが身体を翻し、かわしたビームは、街に直撃していた。

突如。桃ノ木少佐とヘフナー伍長の目の前にある器官から大量の炎が噴出する。炎は二人を身体の外に吹き飛ばしていた。

空に放り出された二人は意識を失っていた。

スポンサーリンク



さらにサタンは口からも大量の炎を噴き出し、塩沢上等兵を排出する。

頭から真っ逆さまに地上へ落ちていく桃ノ木少佐。
落ちている途中で意識を取り戻した桃ノ木少佐は急いでデバイスを操作し、アスファルトに直撃する直前で浮上に成功するのだった。

一方、ヘフナー伍長と塩沢上等兵は巨大化し、アスファルトに背中から着地することで生還していた。

川を渡るサタン。
鬼頭軍曹の攻撃を受けて臓器が露出していたはずの胸部の傷は、ほぼ完全に再生していた。

スポンサーリンク



鬼頭軍曹は元のサイズに戻り、川沿いの道をサタンに向かって駆けている。

サタンの背後まで飛行してきた桃ノ木少佐は、これからどうサタンを攻めるか思考を巡らせていた。
突如サタンの左手が桃ノ木少佐を掴む。

「少佐!! 少佐!!」
鬼頭軍曹が叫ぶ。

巨大化したヘフナー伍長と塩沢上等兵も桃ノ木少佐が捕まったのを察知し、二人でサタンの元へと急ぐ。
「少佐!! 少佐!!」

スポンサーリンク



感想

桃ノ木少佐が捕まった。かなりがっちりキャッチされてしまっているように見える。
サタンの握られた左手に隙間があるようには見えない。

すでに桃ノ木少佐は骨が何本か折れてしまっているのではないだろうか。
今、巨大化すれば、サタンの掌をぶち破ることでダメージを与えながら脱出できるだろう。次号の冒頭でその展開を望むばかりだが……。まさかすでに死んでいるなんてことはないよな……。

アメリカに壊滅的な被害を与えているだけに、やはりこのサタンは一筋縄ではいかないようだ。
未来の戦士たちだけではカタがつきそうにない。

スポンサーリンク



今後は、彼らがピンチになったタイミングで満を持してパピコが登場! という流れになっていくのだろうけど、果たしてパピコが参戦することにこの戦況がひっくり返るほどのインパクトがあるのだろうか。

パピコは特に戦闘技術を誰かから習ったことがあるわけではない。それでもこれまで巨大な敵との戦いを切り抜けてきた。その要因は彼女独自の発想だったように思う。
未来の戦士たちはパピコの巨大な敵の体内で巨大化して内部からぶち破る戦法に感心していた。だから今回のサタン戦でそれを作戦に組み込んだわけだ。

しかし戦士たちは失敗した。サタンは体内へ侵入してきた桃ノ木、塩沢、へフナーを、身体の内部から彼らを押し出すようにして炎を噴き出すことで窮地を脱した。

スポンサーリンク



臨機応変な対応が出来るので、賢さはある程度あるのだろう。
つまり、もう体内への侵入はサタンに警戒されているはずであり、巨大化による内部からの破壊に慣れているパピコであっても、そう容易くサタンの体に侵入できないだろう。

そうなると、新しい発想が必要になると思うんだけど、その助けになるものとして考えられるとしたら、戦士たちから教わったデバイスの使い方かな……。

実際飛行できるようになっているし、それだけで戦略の幅は広がるだろう。

次回で戦士たちが窮地に陥り、その次でパピコがサタンと戦闘、くらいのペースかな。
楽しみ。

以上、ギガント第68話のネタバレを含む感想と考察でした。

第69話に続きます。

あわせて読みたい記事。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA