血の轍 最新第69話ネタバレを含む感想と考察。

血の轍 第7集

第69話

※前話”68話”のあらすじのみ。第69話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第68話のおさらい

教壇からの教師の話は静一にほとんど聞こえていなかった。

静一は頭の中でしげるや伯母のことを思い返していた。
(ひとごろし親子!)
伯母は激しく自分と、そして静子を詰っている。

それに対し静一は、ゆるせない、とボソボソと呟き続けるのみ。

(ゆるせないなら、なにしてくれるん?)
静一が思い出したのが頬杖をつき、余裕の表情の静子だった。

次に思い浮かんだのは静子が手錠をかけられて警察官に連行されようとしている場面だった。
(バイバーイ。静ちゃん。)
静子は冷たい視線を静一に向ける。
(なんにもできないんべ。やっぱりパパと一緒。やくたたず。)

静一は泣きそうになりながら、必死に静子の言葉を否定する。
「……ちがう…ちがう ちがう」

 

スポンサーリンク



 

ホームルームが終わり、クラスメートたちが挨拶をしている際も、静一は椅子に座ったままだった。

周りの様子からようやくホームルームが終わったことを知った静一は、おもむろに立ち上がる。

学校からの帰りの道、静一は真っ白な世界を歩いていた。
「どうにかしないと はやく」
同じフレーズをブツブツと繰り返しながら家に向かう。
「どうにか…」

家の敷地に車が停まっていることに気付いた静一は急いで玄関の扉を開けて、居間に駆け込む。

散らかった居間には一郎と静子、テーブルを挟んだ対面に伯母夫婦が座っている。

伯母は静一の存在など歯牙にもかけず、睨みつけるようにして真正面の静子を見ていた。
静子も同様に伯母を見つめ返す。

 

スポンサーリンク



 

一郎は静一に2階に行っているようにと呼びかけようとするが、静一はそれを無視して伯母を威嚇する。
「出てけ!! 出てけよ!!!」

しかし伯母の表情は一切変わらず、静子を睨み続けている。

やめて静一、と静一を静止したのは静子だった。
静子は伯母から一切視線を外さず、静一に呼びかける。
「もう、いいから。」

「しげるを、しげるを突き落としたの? 静子さん。答えて。」

静子は伯母からの核心を突く質問を受けても、落ち着き払っていた。

一郎が、そんなことあり得ない、と静子を庇って割って入るが、伯父がそれを諫める。

 

スポンサーリンク



 

「答えて。」
有無を言わせぬ迫力で静子に答えを迫る伯母。

静子の反応を、静一は息を呑んで見守っていた。

やがて静子は落ち着き払った表情のままあっさり答える。
「そうだよ。」

静一は静子の自供を、まるで自分が溶けていくかのように感じながら聞いていた。

「私が落としたん。」

 

第68話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第69話

※後日追記します。

あわせてよみたい
押見修造先生のおすすめ作品や経歴をなるべく詳細にまとめました。

血の轍第5集の詳細は以下をクリック。

血の轍第4集の詳細は以下をクリック。

血の轍第3集の詳細は以下をクリック。

血の轍第2集の詳細は以下をクリック。

血の轍第1集の詳細は以下をクリック。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA