血の轍 最新第76話ネタバレを含む感想と考察。

血の轍 第36話 静一

第76話

※前話”75話”のあらすじのみ。第76話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第75話のおさらい

取調べを終え、部屋から出ていく静一を呼び止め、感謝を伝える刑事。
そして最後に思い出したように、メリークリスマスと声をかける。

一郎の元に戻った静一を待っていたのは一郎と、そして女性弁護士の岩倉だった。
岩倉に車で話そうと促され、三人は一郎の車に移動する。

一郎から、これからどうなるのかを問われた岩倉弁護士は、静子は警察の取り調べを受けており、淡々と話をしていると説明する。
静子はしげるを突き落としたことは認めているものの、その動機については、はっきりとは答えていないのだという。

静子には会えないんですか、と一郎。

岩倉弁護士は、今は弁護人以外会うことはできませんと答える。

 

スポンサーリンク



 

岩倉弁護士は今後の見通しについて説明をしていた。
明日にも検察に送致され、その後20日間の勾留される。その間に現場検証など証拠集めが行われた後、起訴されるかどうかが決まると淡々と続ける。

一郎から、実刑になるのかと訊ねられた岩倉弁護士は、そうならないよう最善を尽くします、と答える。

そして静一に視線を送り、刑事にどんな話をしたかを問いかける。

「僕は…僕が……見たことを、話した。」

「それはつまり、お母さんがしげる君を突き落としたって、言ったん?」

その確認にはっきりと同意する静一。

岩倉弁護士は、ハンドルに突っ伏した一郎を勇気づけるようにその肩に手を置く。
「……お気持ち、お察しします。」
そして静子の動機が不明確であること、証拠がなければ不起訴になる可能性もあると言って、静一に笑顔を向ける。
「静一君。がんばろうね。」

 

スポンサーリンク



 

夜。

静一は自室のベッドで夢を見ていた。

自分の歩いていく先に、ハエのたかり始めている猫の死体を囲む静子と幼い頃の自分がいる。

静子は静一に気付き声をかける。
「ママは、みじめなん?」

「静ちゃん。静ちゃんはママのこと、本当は嫌いだったん?」
涙を流す静子。
「ママがいなくなるんが、嬉しいん?」

 

スポンサーリンク



 

静一は泣きそうになるが、踵を返して元来た方向に歩き出す。

静ちゃん待って、という静一を呼び止めようとする声に負けず、静一は静子から離れていく。

ベッドで目を覚ました静一。
その目からは涙が零れていた。

静一は起き上がり、呼吸を整えてから自分に言い聞かせるように何度も呟く。
「僕は、僕のもの。僕は僕のもの。」

(僕は僕のもの…)

第75話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第76話

※後日追記します。

あわせてよみたい
押見修造先生のおすすめ作品や経歴をなるべく詳細にまとめました。

血の轍第5集の詳細は以下をクリック。

血の轍第4集の詳細は以下をクリック。

血の轍第3集の詳細は以下をクリック。

血の轍第2集の詳細は以下をクリック。

血の轍第1集の詳細は以下をクリック。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA