血の轍 最新第53話やくそくネタバレを含む感想と考察。登校前、静子に釘を刺される静一。しかし吹石は……。

血の轍 第43話 静一と静子

第53話 やくそく

第52話のおさらい

病院からの帰り、一郎からの提案で久々の外食にうどん屋に寄ることになった長部一家。

座敷席に座ると、一郎はワクワクした様子で静一に、何を食べるか問いかける。

静一は一郎とは逆に、ぼうっとした様子だった。

うどん、と答えた静一に、一郎は続けて、冷たいうどんなのか、天ぷらも追加するのか、とそのテンションは高い。

一郎に勧められるままにメニューを決定する静一。

続けて静子にメニューを聞く一郎。

静子は、なんでもいい、と疲れたような表情でぽつりと答える。

ママも天ざるうどんでいいかい? と一郎は静一に向けていたのと同様、楽しそうな笑顔を崩さない。

静子は一郎の質問に、そんなには食べらんないと答えるが、一郎はさらにてんぷらを勧めようとする。

それに対し、いいってば! と少し語気を強めて拒否する静子。

そんな静子の反応を意に介する様子もなく、一郎は、自分の注文も決めて店員を呼ぶのだった。

 

スポンサーリンク



 
注文した品が揃い、一堂は黙々と食事を始める。

一郎と静一が食べているのに、静子の箸は進んでいない。

それどころか、静子は深いため息を一つつく。

それを機にした一郎が、どうしたのか、自分が何かしたかと問いかける。

静子は少し間をおいて答える。
「あなたは、何にもしてない。」

しげるが目を覚まして良かったのに、何か引っかかっているなら言ってくれ、と一郎。

静子はしげるが自分たちの存在すら覚えていないことの何が良かったのか、と一郎に問い返す。

 

スポンサーリンク



 

一郎は静子に、意識を取り戻したんだから、段々思い出してくれる、と前向きな言葉を返す。

「本当に?」
しかし静子の口調が強さを増していく。
「本当に思い出すん? 適当なこと言わないでよ!」
静子の表情には、まるで一郎に対して呆れたと言わんばかりの薄い笑みが貼り付いていた。
「適当に…ヘラヘラして…何にもわかってないくせに…!」

一郎は静子のヘラヘラという自分に対する言い様にイラついていた。
しかしすぐにそれは鳴りを潜める。
「オレは…本当に良かったって思って…」

一郎は、しげるを救えなかった静子が気に病んでいたのではないか、でも意識を取り戻したことが嬉しいのではないか、と問いかける。

一瞬、いらっしゃいませー、という店員の挨拶が聞こえるくらいの沈黙が支配する。

 

スポンサーリンク



 

ハハッ、と沈黙を破ったのは静子だった。
「…しげ……ちゃんが……思い出してくれないんだったら……わたし…わた……し………」

「私……どうやったら出ていけるん?」

「やっと……出ていけるって……思ったのに…」

一郎には静子の言葉の意味が全くわからなかった。
なぜ、しげるが自分たちのことを思い出したら出て行くのか、と問いかける。

「わかんない…ぜんぶ…こわれてほしい…」
静子は窓の外に視線を投げて、小さな声でうわごとのように呟くのだった。

静子の言葉が全く理解できず、一郎は頭を抱えるばかりだった。
「……はあ……?」

相変わらず窓の外を見続ける静子の横顔を、隣の静一がじっと見つめていた。

 

第52話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第53話 やくそく

猫の死骸を前に、どうして死んでいるのかと幼い静一が静子に問いかける。

場面は一気に、山登りをしたあの夏の日に移る。

あの崖の近くにはしげるが横になっているベッドが置かれ、その上に静子が腰を掛けていた。

ベッドの周りでは無数の蝶が飛んでいる。
しげるを見下ろしながら微笑む静子の頭や肩、そしてベッドには無数の蝶が止まっていた。

静一はそんな光景を少し離れた場所から見ている。

やがて静子は静一の方を向く。

ベッドの先にある崖の淵には、左にはしげるを突き落とす静子、右には落ちていくしげるを救えなかった静子の姿が同時にストップモーションで存在していた。

今度はベッドで横になったままのしげるの顔が静一の方を向いていた。
確かな意思を感じられる視線が静一に向けられる。

 

スポンサーリンク




































スポンサードリンク