血の轍(押見修造の漫画)の最新第41話の感想(ネタバレ含む)と考察。

血の轍 第40話 吹石

第41話

※前話”40話”のあらすじのみ。第41話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第40話のおさらい

帰ってこない静一を捜して吹石家を訊ねた静子。

 

憔悴し切った様子ながら、懸命に自分を捜すその光景、そして母の心に、静一は流れる涙を拭おうともせず、ただただ静子を見つめていた。

 

吹石父から、静一を昨夜から捜していたのかという問いかけに、はい、と答える静子。

 

吹石父は警察への届け出を提案して、警察への電話を買って出る。

 

静子は、もう少し捜してみます、とそれを丁重に断ると、ごめんなさい、と吹石父に頭を深々と下げる。
そのまま頭を下げた状態で、今度は吹石に謝罪する。
「…由衣子さん。ごめんね。」

 

 

スポンサーリンク



 
静子は、失礼します、と挨拶すると雨の中を傘もささず、背を丸めてとぼとぼと立ち去るのだった。

 

吹石父の傘を勧める言葉が聞こえていない様子で、静子はとぼとぼと歩いていく。

 

母がいなくなり、静一は壁に背を預けてしゃがみこんでいた。
静一はたった今目撃した母と吹石父、吹石とのやりとりにショックを受けていた。

 

静子が帰ったのを見届けた吹石が静一の元にやってくる。

 

吹石は静一の首に両手を回して抱き締めながら、呟く。
「こわかったあ! ほんとにこわいよ。あのお母さん。」

 

静一は吹石の言葉を黙って聞いていた。

 

「かわいそう長部…」
吹石は体を離して、静一に笑いかける。
「私が、守ってあげるからね。」

 

その時、扉が開く。

 

 

スポンサーリンク



 
吹石の部屋のドアを開け、吹石が静一を抱いているのを目撃した吹石父は一瞬で怒りが爆発する。

 

強い口調で状況の説明を求める父に対して、吹石は一切怯まない。

 

静一のことは友達と言い張り、逆に、部屋に勝手に入ってきた父親を責めたてる。

 

父親は、この男の子こそが静一だろうと指摘し、吹石をいくつもの質問で問い質す。

 

そんな質問に対し、吹石は、うるさい、の一言で一掃する。
反省するどころか逆に強い口調で反撃する吹石。
「父親ヅラしないで!! クズのくせにっ!!」

 

静一はその激しい喧嘩を前に言葉を失っていた。

 

バカヤローッ! とキレる父。
「こんな…男連れ込んで…! 母親と一緒だいなあ!!!」

 

吹石は沈黙したかと思うと、素早くしゃがみこんでラジカセを両手で持ち上げると父親に向けて勢いよく放る。

スポンサーリンク



 
父にラジカセを投げつける吹石。額にヒットする。

 

呻き声を上げて、その場に蹲る父。

 

吹石は静一の手を取って静一に強く呼びかける。
「長部! 逃げよ!!」

 

相変わらず雨の降る中、吹石は静一の手を引いてベランダのドアから駆け出す

 

吹石に手を引かれるまま静一は部屋を後にする。

 

「由衣子…」
静一は背後で吹石父が呻きを漏らすのを聞いていた。

第40話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第41話

※後日追記します。

あわせてよみたい
押見修造先生のおすすめ作品や経歴をなるべく詳細にまとめました。

血の轍第4集の詳細は以下をクリック。

血の轍第3集の詳細は以下をクリック。

血の轍第2集の詳細は以下をクリック。

血の轍第1集の詳細は以下をクリック。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA