血の轍(押見修造の漫画)の最新第40話の感想(ネタバレ含む)と考察。

血の轍 第39話 静子

第40話

※前話”39話”のあらすじのみ。第40話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第39話のおさらい

告白

静子は静一の行方を求めて、吹石家を訪問していた。

 

静子は玄関先に出てきた吹石と吹石父の前で唐突に自身の身の上話を始める。

 

その様子を静一は二階からじっと窺っていた。

 

いい年して恥ずかしいです、と言いつつ、しかし静子は自分は他の人達みたいにはできないと続ける。
「どうしても…どうしても受け入れられない。」

 

静子は涙を流しながら、吹石に向かって、静一をたぶらししていると考えただけで頭がおかしくなりそう、と呟く。

 

何を言われたのかイマイチ分からない吹石父は、え? と声を上げるのみ。

 

やがて静子は顔を伏せて、ごめんなさい、と繰り返す。

 

聞き分けが良い静一に、いとこが来た際に友達との約束を断らせていた自分のせいで、いつもにつらい思いさせてきたかもしれない、と静子。

 

 

スポンサーリンク



 

 
静子はやがて顔を両手で覆い、体を折り曲げていく。
「私…私は…いらない子だから…愛して…もらえなかったから…」

 

静一には愛されなかった自分の分までたくさん愛してあげたかったが、その姿勢を親戚たちに過保護だとバカにされ、自分の事を見てくれなかったと恨みを込めて続ける。

 

静子のただならぬ様子に困惑する吹石父。

 

一郎も親戚の味方で何もしてくれなかった、と静子はヒートアップしていく。

 
とうとう静子は膝から崩れ落ちてしまう。
「それでも私は…静ちゃんのために…静ちゃんがいてくれたから…生きて来れたの…」

「他に生きてる理由なんて無い…」

「…でも…でも…それが…静ちゃんを苦しめてるなら…」

「私の生きてる意味は…何…?」

 

両手を玄関先のタイルに置き、土下座のような姿勢で静子は叫ぶ。

「静ちゃん…静ちゃあああん」

 

静子が悲痛な叫びを繰り返すのを、静一がじっと聞いている。

 

前日、中指の爪を噛み割っていたため、静子が地面に突き立てていた中指の先から地面に血が流れ出す。

 

血が出ているのを指摘され、静子はようやく、ゆっくりと、上半身を起こしていく。
その光景から静一は目が離せなかった。

 

静子が顔を上げる。
その横顔を見た静一は、頬を上気させており、両目からは涙を流していた。

「ママ…」

 

思わず静一が呟く。

第39話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第40話

※後日追記します。

あわせてよみたい
押見修造先生のおすすめ作品や経歴をなるべく詳細にまとめました。

血の轍第4集の詳細は以下をクリック。

血の轍第3集の詳細は以下をクリック。

血の轍第2集の詳細は以下をクリック。

血の轍第1集の詳細は以下をクリック。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA