血の轍 最新第100話ネタバレを含む感想と考察。

血の轍 8巻

第100話

※前話”99話”のあらすじのみ。第100話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第99話のおさらい

起床後、静一は静一は部屋を移動して調査官と面談する。

犯罪を犯した少年を理解し、なぜ非行に至ったかを調べる調査官の宮下は、静一から話を聞き始める。

しげるを突き落とした容疑で逮捕されてた静子のことについて、つらいことだった、と共感を示しながら、どんな気持ちだった? と宮下は静一に質問していく。

全く口を開かない静一に、宮下は静子のことを聞き始める。
「静一君にとって、お母さんはどんな人? お母さんのことを好き?」

沈黙を続ける静一に、喋りたくなければノートに書いてみて、と手渡したのはノートだった。
「何でもいい。文章でも絵でも。思いつくこと何でも。ね。」

面談はそのまま終わり、静一は自分の房にノートを持ち帰る。

そして今度は、一郎と弁護士の江角との面会が始まる。

スポンサーリンク



一郎と江角はパイプ椅子に座って静一を待っていた。

「大丈夫か…?」
一郎はやつれていた。静一のことを心配した様子で話し続ける。
「理由が…あるんだいな? おまえなりの理由が……ごめん…な……ごめんな…静一…」

「でもな静一…俺はおまえを見捨てないから。」

涙を浮かべる一郎。しかし静一の表情は全く変わらない。

「ママは知ってたん?」
話の流れを完全に無視して、静一が口を開く。
「僕のしたこと、ママは知ってたか…わかったん?」

質問された江角は、静子の弁護士から伝えたと答える。
「……お母さんは、何も言わずに、ただ黙って泣いてたって。」

「黙って…泣いてた…それだけ……?」
静一の問いかけに江角は、うん、と答えるのみ。

部屋に一郎の嗚咽だけが響く。

スポンサーリンク



消灯時間になっても静一は寝付けず、じっと天井を見ていた。
「黙って……泣いてた……」

身体を起こして、小机に向かい、ノートに文字を書き殴り始める。

”どうして泣いてた?”

”かなしかった? うれしかった?”

”僕がひとごろしになったからかなしい? なにがかなしい?”

”僕を本当はどう思ってる?”

静一の様子に気付いた職員が静一を注意する。
「十四室! 何してる!? 早く布団に戻りなさい! ほら!」

静一は無視してノートに書き続ける。

第99話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

スポンサーリンク



第100話

※後日追記予定。

あわせてよみたい
押見修造先生のおすすめ作品や経歴をなるべく詳細にまとめました。

血の轍第5集の詳細は以下をクリック。

血の轍第4集の詳細は以下をクリック。

血の轍第3集の詳細は以下をクリック。

血の轍第2集の詳細は以下をクリック。

血の轍第1集の詳細は以下をクリック。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA