血の轍 最新第80話ネタバレを含む感想と考察。

血の轍 8巻

第80話

※前話”79話”のあらすじのみ。第80話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第79話のおさらい

幼い頃、静子に高台から落とされた記憶を思い出した静一は、静子のことが世界で一番嫌いだと自覚するようになっていた。

1月3日。
弁護士は一郎に、明確な証拠がないので、静子の犯行の裏付け捜査のために必要な時間稼ぎを目的に警察が静子を精神鑑定に送ることを説明していた。

そのやりとりを部屋のすぐ外で立ち聞きしていた静一は、静子は供述している動機についても耳を澄ませる。

「しげるが静一に見えたから落とした」という、静一にだけ理解できる動機にショックを受ける静一。

1月7日。
学校に辿り着いた静一が教室に入っていくと、クラスメートの好奇の視線が静一に集中する。

第79話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第80話

※後日追記します。

あわせてよみたい
押見修造先生のおすすめ作品や経歴をなるべく詳細にまとめました。

血の轍第5集の詳細は以下をクリック。

血の轍第4集の詳細は以下をクリック。

血の轍第3集の詳細は以下をクリック。

血の轍第2集の詳細は以下をクリック。

血の轍第1集の詳細は以下をクリック。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA