血の轍 最新第78話ネタバレを含む感想と考察。

血の轍 8巻

第78話

※前話”77話”のあらすじのみ。第78話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第77話のおさらい

しげる役の警察官と静子役の警官があの日の光景を再現をしているのを、静一は見つめていた。

刑事が静一に、それでどうなった? と訊ねる。

静一は、背後に静子の圧力を感じながらも、なるべく正確に答えようとしていた。
両手で突き落とす直前の動作をする静一。

静子役の女性警官はしげる役の警官からしげるを模した人形を抱きとめる。

その光景を前にして、静一は目を見開いて崖の渕にいる静子役を見つめていた。
「それで……それで……ママっは……ママッ…ママッ…ママッ…マッ……」

しげる人形の顔はのっぺらぼうだった。
しかし静一の目には、その頭部に人の表情が見え始めていた。

ぼんやりとしていたそれが、やがてはっきりと浮かび上がる。

 

スポンサーリンク



 

それは幼い頃の自分の顔だった。
高台で、静子に抱っこされながら笑顔で向き合っている記憶を思い出す。

静一の脳裏には、幼少期の記憶が鮮明に甦っていた。

静子に、いいところに連れていくと言われ、家の外に出る静一と静子。

道中で幼い静一は静子を見上げて、どこに行くのかと問う。

静子は、自分がずーっと行きたかったところだと笑顔で答える。
「せいちゃんもきっとすきなところだよ」

 

スポンサーリンク



 

そなんだあ! と静一は無邪気に笑うのだった。

高台に到着した静子は、景色を見下ろしていた。

やがて静子は静一の両脇に手を入れて抱き上げる。

静子の表情からは、すでに笑顔が消えていた。
「わたしもう きえることにする だからね おまえもきえるの」
ニヤリと笑う静子。
「せいちゃんがさきね」
柵の向こう側に静一を放る。

第77話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第78話

※後日追記します。

あわせてよみたい
押見修造先生のおすすめ作品や経歴をなるべく詳細にまとめました。

血の轍第5集の詳細は以下をクリック。

血の轍第4集の詳細は以下をクリック。

血の轍第3集の詳細は以下をクリック。

血の轍第2集の詳細は以下をクリック。

血の轍第1集の詳細は以下をクリック。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA