GIGANT ギガント最新第60話ネタバレを含む感想と考察。

ギガント 第4集

第60話

※前話”59話”のあらすじのみ。第60話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第59話のおさらい

パピコがベッドで目を覚ますと、すでに4人のヒーローたちはテーブルを囲んでカップ麺を食べていた。

犬の世話を頼んで、仕事に向かうパピコ。

零の母はサタンが東京に接近しているというテレビ中継にチャンネルを合わせていた。
恐怖のあまり画面に映るサタンを直視できず、両手で顔を覆っている。

学校。
中島は零に、サタンの東京接近を受けて、ここ数週間で関東地区の自殺者が増加してきていると話題を振る。
すでにサタンに壊滅状態に追い込まれたアメリカにおける死者数の4割が自殺だと続ける。

パピコがサタンと戦うしかないのではないか、と中島。
しかしパピコでも勝てないかもしれない、淡々と続ける。

スポンサーリンク



零は道行く人たちから聞こえる会話の内容からも、世間がパピコの登場を期待していることを感じていた。

パピコは4人のヒーローたちと河川敷に来ていた。

桃ノ木少佐から、巨人を体の内側から破壊する技のやり方を問われたパピコは隙間から入って中で大きくなっただけと答える。

その回答に、そんな使い方があるなんて知らなかった、と拍手する4人のヒーローたち。

誰にも訓練を受けていないのに一人で考えたのか、と桃ノ木少佐からの問われ、パピコは成り行きで何となく思いついたと答える。

スポンサーリンク



桃ノ木少佐から、二種類の光線の使い方を教わるパピコ。

パピコは見よう見真似で光線を成功させる。

次にパピコはフライトモードを教わっていた。

パピコは桃ノ木少佐の説明した内容をきちんと実行し、数十メートル上空まで飛び上がる。
「すごいすごいすごいすごーいっ」

街を歩くパピコと4人のヒーロー。

女性陣の背後を、少し距離を空けて歩いていた塩沢上等兵は鬼頭軍曹に宣言する。
「あの人は……自分が、命に代えても守ります!!」
その視線の先にはパピコがいる。

第59話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

スポンサーリンク



第60話

※後日追記予定。

あわせて読みたい記事。

[bl2gcard url=”https://creative-seeker.com/gigant-book-1-3631″]

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA