血の轍 最新第64話ネタバレを含む感想と考察。

血の轍 第44話 静子

第64話

※前話”63話”のあらすじのみ。第64話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第63話のおさらい

静一と教師の待つ一室に小倉とその母親が到着する。

右目に眼帯をして俯いている小倉とは対照的に、母親は穏やかな表情で教師に挨拶をする。

小倉と母親が座ると、静一は教師に何かいうことはないのかと促される。

静一はしばらく黙って俯いたままだったがやがて、お母さんが来るまで何も言えないです、と答える。

教師に謝罪を促されても静一は、できません、と表情を変えることなく答えるのだった。

小倉の母親は優しく、あの大人しい長部君がこんなことするなんて信じられなくて、と静一に話しかける。

そして小倉の説明では、みんなで遊んでたら急に静一が怒って殴ってきたと聞いていると続ける母親。

静一の表情は変わらない。

 

スポンサーリンク



 

静子は到着するなり即座にその場に崩れ落ちるように土下座をする。
「……なんて…おわびしたらいいか……ごめんなさい…私のせいです……ごめんなさい…!」

ケガは大したことなかったですから、と鷹揚な態度を見せる小倉の母親。

しかし静子は立ち上がることなく、そのまま謝罪を続ける。

教師に椅子に座るよう促されても、このままでいいです、とその申し出を断る静子。

話ができないので座って下さいと教師に言われ、ようやく静子は静一の隣の椅子に座る。

そして改めて教師から、何があってこんなことなったの? と事情の説明を求められた静一は静子が自分と目を合わせて頷いたのを機に話し始める。

 

スポンサーリンク



 

一人でトイレにいたら小倉、蛭間、酒田が入ってきて、ふざけて髪の毛をグシャグシャにされてしまったことと説明する静一。

しかし静一の説明は予想外の方向へ進んでいく。
「死んでるくせに。みんな…全部…死んでるくせにって…思って…」

「だからどうだっていい。どうせまぼろしだから。ごみだから。」
静一はまるで笑うように口元を歪ませる。
「だから、なぐった。」

その説明に、目を細める静子。

静一の話が良く分からず、教師は思わず聞き返す。
「長部…何…言ってるん…?」

小倉と彼の母親もまた、呆気にとられたような表情で静一を見つめていた。

 

スポンサーリンク



 

「先生。」
静子が口を開く。
「吹石由衣子ちゃんのせいです。」

静子は、吹石が静ちゃんをたぶらかしていたと主張する。
毎日放課後二人で歩いて、家にひっぱりこまれて変なことした挙句汚されてしまったストレスが原因なんだと静子は続ける。
「心はだいぶ戻ったけど…まだ全部はキレイになってなくて。」
静一に視線を向けて問いかける静子。
「そうだいね? 静ちゃん。」

「はい。」

静一が笑顔を浮かべる様子を、小倉の母親は黙って、呆然と見つめていた。

第63話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第64話

※後日追記します。

あわせてよみたい
押見修造先生のおすすめ作品や経歴をなるべく詳細にまとめました。

血の轍第5集の詳細は以下をクリック。

血の轍第4集の詳細は以下をクリック。

血の轍第3集の詳細は以下をクリック。

血の轍第2集の詳細は以下をクリック。

血の轍第1集の詳細は以下をクリック。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA