GIGANT ギガント最新第46話ネタバレを含む感想と考察。

ギガント 第26話 巨人

第46話

※前話”45話”のあらすじのみ。第46話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第45話のおさらい

零とパピコは、パピコが出演している有名トーク番組をパピコの部屋で一緒に見ていた。

スマホに来た着信をとるパピコ。
電話をかけてきた相手は母親で、挨拶もそこそこに、大金を稼いでいるパピコに対して、マンション購入を持ち掛ける。

最初は何のことか分からないパピコだったが、話の内容を理解してから徐々に顔が曇っていく。

結局、1億5000万の物件を購入してあげることを約束したパピコ。
母親はさらに、兄たちの分も賃貸のお金を出すようにと続ける。

彼氏を見つけたから二人で住むためにマンションだと言う母に、パピコは寂しそうな表情で、そっか、と返すのだった。

 

スポンサーリンク



 

ETEがブロッキングされて以来、その代替となるサイトを求めてネット上を探索し続ける人たちがいた。

陵は、日本以外にはETEがあることに気付いていた。
アメリカでは、大統領がETEの科学的根拠を認めておらず、ETEをブロッキングの対象としていないのだった。

零は父をプロデューサーの映画にパピコが出演することをこっそり中島に話していた。

下校時、零と中島は、街行く人が口々にパピコの名を呟きつつ、決まった方向へ駆けていくのに気づく。

それで零は父が映画のテスト映像を撮ると言っていたことを思い出し、二人は人々の向かう方向へと向かうのだった。

現場では、パピコは制作スタッフたちからの指示を受け、カメラテストを行っていた。

 

スポンサーリンク



 

帰宅した零は、母と一緒に夕飯を食べていた。
テレビ画面の上部に、ニューヨークにサタン出現という緊急速報が流れる。

報道番組になり、画面がニューヨーク中継に切り替わると、真っ先に映し出されたのは巨大なサタンだった。

実況するはずのリポーターは泣きはじめてしまう。

零と母親も、あまりの恐怖にテーブルに顔を伏せて震えていた。

リモコンでテレビの電源を切る零。
「なんだ……今の…なんだ…今の……」

第45話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第46話

※後日追記予定。

あわせて読みたい記事。

[bl2gcard url=”https://creative-seeker.com/gigant-book-1-3631″]

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA