血の轍 最新第63話ネタバレを含む感想と考察。

血の轍 第40話 吹石

第63話

※前話”62話”のあらすじのみ。第63話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第62話のおさらい

男子トイレで静一は小倉たちに絡まれ無理やり髪をセットされていた。

セットが終わり、小倉は静一に鏡を見せて、髪型の感想を求める。

静一は鏡をじっと見つめていた。
自分の背後にいる小倉の姿がブレて霞んでしまっている。

その姿のまま、静一に感想を迫る小倉。

振り返った静一の視界に収まった比留間と酒井の姿も小倉と同じようにブレて霞んでいた。

比留間と酒井も、静一に感想を言わせようする。

静一の様子に違和感を覚えつつも、小倉たちは静一に髪の感想を促す

小倉の自分を呼ぶ声に反応して、静一は右拳を小倉の顔の中心に叩きこむ。

 

スポンサーリンク



 

顔を抑えて屈む小倉。

静一の表情には怒りも怖れもない。
きょとんとした顔で拳を掲げている。

比留間と酒井は、目元を抑えて苦しむ小倉の様子を前に、呆気にとられていた。

静一は取り乱すことなく小倉を観察するように見つめていた。
次の瞬間、小倉の顔を目がけて膝蹴りを食らわす。

悲鳴を上げ、後ろに倒れる小倉。

比留間と酒井はようやく静一の行動を止めようとする。
しかし静一はそれを振り払い、小倉の腹に馬乗りになって右の拳を小倉の顔面に何度も何度も打ち下ろすのだった。

小倉は打たれるたびに短く呻き声を上げ続ける。

「どいつもこいつも…どいつも…こいつも…」
小倉を見下ろし殴打を続けながら、うわごとのように呟く静一。

その様子に比留間と酒井は教師を呼ぼうとトイレを後にする。

 

スポンサーリンク



 

「死んでるくせに…みんな死んでるくせに……」
静一は何度も殴り続けながら、母がしげるを突き落とした日に見た山の光景を思い出していた。

比留間と酒井が連れてきた担任教師に声をかけられ、静一はようやく殴るのを止めるのだった。

小倉は泣いていた。何度も殴られた顔は腫れ始めており、鼻からは出血している。

静一は校内の一室でパイプ椅子に座って、窓の外を眺めていた。

視線を落とし、自分の傷ついた右拳を見る。
ぼーっと拳を見つめていると、部屋の戸が開く。

担任教師は静一に近づき、小倉はもう少しで眼鏡の破片が眼球に刺さって失明するところだったと説明する。

 

スポンサーリンク



 

静一は教師に視線を向けず、正面を見つめていた。

静一に厳しい視線を向けたまま、返答を待つ教師。

「…先生。僕は…どうしてなぐっちゃったんですかね?」
静一の表情には全く悪気がなく、あくまでぼーっとした表情で教師に訊ねるのだった。

一瞬の驚愕の後、怒りに顔を歪める教師。
「…何言ってるん!? 自分のしたことだんべ!?」
そして教師は静一の対面に座ると、これから小倉と小倉の母、そして静子がここにやって来ると告げる。

静一の表情には反省の色はおろか、一切の感情がない。

静子は教師に呼ばれて学校に到着していた。
学校の廊下をパタパタとスリッパの音を立てて歩いていく。

 

第62話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第63話

※後日追記します。

あわせてよみたい
押見修造先生のおすすめ作品や経歴をなるべく詳細にまとめました。

血の轍第5集の詳細は以下をクリック。

血の轍第4集の詳細は以下をクリック。

血の轍第3集の詳細は以下をクリック。

血の轍第2集の詳細は以下をクリック。

血の轍第1集の詳細は以下をクリック。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA