血の轍 最新第55話ネタバレを含む感想と考察。

血の轍 第39話 静子

第55話

※前話”54話”のあらすじのみ。第55話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第54話のおさらい

吹石からの手紙を開封する静一。

その内容は自分のせいで静一に迷惑をかけてしまったことへの謝罪と、静一が靴やジャージを貸してくれたことへの感謝、そして靴とジャージの返却のために裏門で待つというものだった。

給食の時間、給食を受け取るために、配膳当番の吹石の前に立つ静一。

しかし静一は吹石とは一向に視線を合わせようとしない。

学校が終わる。

(やくそくね。)

 

スポンサーリンク



 

静子のその一言を思い出しながら、静一は裏門へは向かわずに帰宅の途についていた。

しかし路地で立ち止まると、静一は踵を返して裏門へ向けて走り出す。

裏門には手紙の通り、紙袋を下げた吹石が立っていた。

遠くから駆けてきてくれ静一を吹石は笑顔で迎える。
「長部。手紙…読んでくれた?」

お互い向かい合い、二人は目を合わせる。

ぎこちない空気の中、感謝の言葉とともに手元の紙袋を静一に手渡す吹石。

何も言わずに紙袋を受け取る静一に、吹石はあの夜、帰宅したあとのことを気遣う言葉をかける。

 

スポンサーリンク



 

「吹石。」
静一は、そんな吹石からの気遣いを吹っ切るようにその名を呼ぶと、もう吹石には近付かないと約束したことを告げる。

伏し目がちな静一に対し、吹石は静一の目を真っ直ぐ見据えていた。
「約束? 誰と?」

「……………マッ……………………お母さんと。」

「まって!」
元来た方向へと歩き出す静一を吹石が呼び止める。
吹石は、おかあさんとの約束などどうでもいい、と言って、静一に問いかける。
「長部の気持ちは? 長部はどうしたいん?」

 

スポンサーリンク



 

吹石に背を向けたまま、僕がいやなんだ、と答える静一。
「もう…好きじゃないから。吹石のこと。」
そしてゆっくりと吹石に振り返る。
「もう飽きた。」

静一からの残酷な一言に吹石は凍り付いていた。

そして静一は吹石に、もう話さない、と言って、自宅への道を歩き出す。

吹石はその場で固まったまま動けず、いつまでも静一を見送っていた。

一方、静一は歩きながら、母とのやくそくを守れたことに満足したかのような薄ら笑いを浮かべていた。
「やくそく…まもった…」

第54話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第55話

※後日追記します。

あわせてよみたい
押見修造先生のおすすめ作品や経歴をなるべく詳細にまとめました。

血の轍第5集の詳細は以下をクリック。

血の轍第4集の詳細は以下をクリック。

血の轍第3集の詳細は以下をクリック。

血の轍第2集の詳細は以下をクリック。

血の轍第1集の詳細は以下をクリック。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA