GIGANT ギガント最新第38話ネタバレを含む感想と考察。

ギガント 第27話 零と中島と巨人の手

第38話

※前話”37話”のあらすじのみ。第38話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第37話のおさらい

新宿に巨大化したパピコが現れたのをテレビは中継していた。

それを零の母は自宅リビングのテレビで観ている。

画面上部には、ちほヨハンソンに特赦、という速報が流れている。

パピコと三体の巨人との戦いが始まろうとしていた。

新宿都心で停車していた零が乗っている電車の中では、パピコの登場により大いに盛り上がっていた。

しかし零は一人、恋人が死地に赴こうとしているのを予感し、いやだ、と何度も繰り返す。

敵による連続パンチをパピコは見事にかわしてみせる。

ワイドショーではその戦いの様子を映さず、スタジオを映している。
話題はパピコへの特赦措置について、そして現在の新宿の様子はアメリカの三大ネットワークの全て、つまり全世界に中継されていることを伝えていた。

世界中の衆人環視の元、パピコが殺されることが恐ろしい、これは危険な中継だと恐れるコメンテーターたち。

電車内ではパピコを応援する声が上がっていた。

零も他の乗客と同様、窓の外を不安げな視線で見つめる。

 

スポンサーリンク



 

敵巨人の放った右ストレートを食らい、弾かれたように頭を揺らすパピコ。

その光景に乗客から悲鳴が上がる。

そのクリーンヒットを境に、パピコは三体からの打撃を食らうようになっていた。
三対に完全に囲まれると、間もなくリンチ状態へと事態が悪化していく。

ビルに隠れてしまい、既に零のいる電車内からはパピコの様子を見ることは出来なかった。

一方、テレビではパピコの戦いが中継されていた。

リンチ状態のパピコを零の母は信じられない様子で見つめていた。

残酷な光景を前に、直視できません、とリポーター。

パピコが三体からタコ殴りにされている様子は今なおテレビに映し出されていた。

零はパピコの動向を知ろうとツイッターを起動する。

そうして検索して出てきたパピコ関連のツイートは、どれもがパピコの劣勢を伝えるものだった。

 

スポンサーリンク



 

テレビで映しちゃダメなやつ、パピコ死んじゃう、などの不吉な言葉の羅列に零は泣いていた。

パピコは三体の巨人によって捕まっていた。

それを何もできずに見上げるだけの地上の自衛隊員たち。

零は腰が砕けたように床にへたりこむ。
しかしツイッターを見ることは止めなかった。

見てられないからテレビを消した。

モザイクなしでいいのか。

首がもげる。

バラバラ、など、内容はさきほどよりも凄惨になっていた。

「ああああああ」
零はパピコが絶体絶命にあることを十分に知っていた。
しかしただ泣くことしかできない。

パピコは鼻と口から血を流し、虚ろな視線を宙空に投げてぐったりとしていた。

その体を一体の巨人が支えて、もう一体がパピコの背後から首を両手で掴む。

悲痛な叫び声を上げる零。

パピコの首に万力のような巨人の力が加わっていく。

第37話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



第38話

※後日追記予定。

あわせて読みたい記事。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA