響 小説家になる方法 最新第108話ネタバレ含む感想と考察。

響 小説家になる方法 第88話 響

第108話

※第107話のあらすじのみ。第108話はスペリオール発売後に更新予定。

第107話のおさらい

『お伽の庭』コミカライズ連載まで1カ月少しと迫っていた。

喫茶店でのネーム作業の帰り、鏑木は幾田からの電話で『お伽の庭』第1話の原稿が紛失していると報告を受ける。

電話を続けながら、自宅に辿り着いていた鏑木は違和感に気づく。

仕事場の中で、響と花井が椅子に座り何かを読んでいた。
彼女たちは窓が割って、仕事場に侵入していたのだった。

「漫画の原稿って初めて見たけどすごく手間がかかってるのね。」
響は、漫画をほとんど読んだことはないと前置きして、この作品は面白い、と鏑木が『お伽の庭』を漫画に従った理由に理解を示す。

響は椅子から立ち上がり、ここに来た理由を告げる。
「喧嘩でケリをつけましょう。」

響は鏑木が勝てば原稿は返却し、連載も自由。その代わり、自分が勝てば原稿は灰にすると条件を持ちかけるのだった。

 

スポンサーリンク



 

響は竹刀で鏑木の胸を突いたり、机の上にあるトレース台を鏑木に叩きつける。

さらに鏑木の左わき腹に右フックを入れるが、効いた様子はない。
鏑木は放った打ち下ろしの右ストレートで響は床に倒れてしまう。

「ガタイが違うっつったろ。」
響は響の上に乗り、首に右手をかける。
「不意をつかれなきゃお前の細腕なんざいくらでも耐えられる。」

マウントポジションからなんとか逃げ出そうと試みる響。
しかし何をやっても鏑木には効かない。
「無理だ。図書館の時とは状況が違う。」

「負けを認めるか、オチるかするまでシメ続ける。」
鏑木は勝利を確信し、降伏を勧告する。
「あきらめろ。」

 

前回、第107話の詳細は以下をクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第108話

※後日追記予定。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA