血の轍(押見修造の漫画)の最新第43話の感想(ネタバレ含む)と考察。

血の轍 第42話 橋の上

第43話

※前話”42話”のあらすじのみ。第43話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第41話のおさらい

逃げ込んだトンネル内。
吹石に迫られ押し倒された静一を吹石は心配そうに見つめていた。

 

やがて静一を抱き締めるべく覆いかぶさる。

 

静一は抱き締められていたが、突然、吹石の肩を強く掴むと彼女を自分の上からどかし、起き上がる。
そして自分の靴を吹石の前に置き、履くようにと吃音交じりに伝える。

 

静一は少しの間、吹石を見つめていたが、踵を返し歩き出す。

 

吹石は静一を呼び止め、どこに行くのか、と泣きそうな表情で訊ねる。

 

吹石に振り向くことなく、もう帰る、と静一。

 

自分のせいなのか、と泣きそうな声で、縋るように訊ねる吹石。
静一は彼女の言葉を目をぎゅっと閉じて聞いていたが、やがて吹石をトンネル内に置いて、一人外へと駆け出していた。

 

 

スポンサーリンク



 
静一は橋の歩道をとぼとぼと歩いていた。
すると前方から突如、ギイイッ、という異音が聞こえてくる。

 

静一の進行方向には、自転車を押している人物がいた。
その人物はガードレールに向けて放るようにして自転車を倒して、一目散に静一に向かって駆けてくる。

 

静一は立ち止まってその人物を呆然と見つめている。

 

静一は、駆け寄って来る人物が静子であることに気づいていた。
吹石家で見たままの姿で静子はずぶぬれになって静一を捜し続けていたのだった。

 

静子は駆け寄っていく勢いそのまま静一を強く抱きしめる。
息を弾ませ、その左頬に口づけをしていた。

 

スポンサーリンク



 

静子は嗚咽を上げながら静一に自らの不明を謝罪するのだった。

 

繰り返される謝罪を、静一は身動き一つせず、静子の抱擁と共に受け入れていた。

 

「せいちゃんのこと…ちゃんと…見るから…っ」

 

「せいちゃんは…人間だよね…っ」

 

「ごめん…ごめんね ごめんね ごめんねぇ…っ!」

 

母の悲痛な叫びを境に、静一は口元を歪めていく。
「…ママ…ごめんなさい…いらないって…言って…」

 

静一からの謝罪を受け、静子は静一から体を離して、その顔に両手をそえる。
そしてさきほど顔をくしゃくしゃにしていたのが嘘のように穏やかな表情で静一を見つめるのだった。

 

第42話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第43話

※後日追記します。

あわせてよみたい
押見修造先生のおすすめ作品や経歴をなるべく詳細にまとめました。

血の轍第4集の詳細は以下をクリック。

血の轍第3集の詳細は以下をクリック。

血の轍第2集の詳細は以下をクリック。

血の轍第1集の詳細は以下をクリック。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA