血の轍 最新第114話ネタバレを含む感想と考察。

血の轍 第44話 静子

第114話

※前話”113話”のあらすじのみ。第114話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第113話のおさらい

ICUを出た静一は、別室で医者の話を聞いていた。

腸穿孔で敗血症のような危険な状態に陥る恐れがあると、医師は静一に万が一の時の覚悟を求める。

静一は受付で、入院申込書の設問を見つめる。
自分の名前を書く欄の隣にある「患者との続柄」欄に「子」と書きながら、静一は昔のことを思い出していた。

まず思い出したのは、救護院に一郎が訪ねて来た時のことだった。
「いやあほんと、自然がいっぱいだいなここは。また面会くるからな。」
静一は救護院の窓辺から、遠ざかっていく一郎の姿をじっと見つめていた。

スポンサーリンク



救護院から出た静一。

「静一。今日からここでふたりで暮らすんべぇ。」
ここからやり直すんさと一郎は新しく借りたアパートの部屋の中で静一に笑いかける。

静一は無反応だった。

別の日、静一は保護司との面会に一郎同伴で望む。
保護司から静一の様子はどうかと問われ、一郎は答える。
「高校にもちゃんと行けてますし、大丈夫ですl な。」

こたつに入り、酒を呑む一郎。
風呂上がりの静一に、持っているグラスをに差し出す。
「静一も……ひとくち飲むかい?」

静一は一郎を無視して隣の部屋に向かう。

スポンサーリンク



「……出ていく。」
静一は洗い物をしている一郎に声をかける。
「高校卒業したら東京行く。」

卒業後はうちの事務所で働くという話だったと言う一郎に、静一は、ひとりになりたいと答える。
そして、今まで僕を見て見ぬふりをしてくれて、ありがとうございました、さようならと何の感情もなく挨拶をする静一。

一郎は目を伏せて黙ってしまう。

独り立ち後、街中で静一の携帯電話が鳴る。
留守番電話のメッセージは一郎からのものだった。

一郎は、短くも静一を思いやるシンプルな言葉を残し、また電話する、とメッセージを終える。

夜になり、帰宅を考えた静一は、ナースセンターで看護師に父の意識が戻ったら電話が欲しいと言伝を頼み、病院を後にするのだった。

第113話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

スポンサーリンク



第114話

※後日追記予定。

あわせてよみたい
押見修造先生のおすすめ作品や経歴をなるべく詳細にまとめました。

血の轍第5集の詳細は以下をクリック。

血の轍第4集の詳細は以下をクリック。

血の轍第3集の詳細は以下をクリック。

血の轍第2集の詳細は以下をクリック。

血の轍第1集の詳細は以下をクリック。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA