たかが黄昏第7話の感想(ネタバレ含む)と考察。

たかが黄昏 第6話 ひなた

第7話
※前話”6話”のあらすじのみ。第7話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第6話のあらすじ

遅刻して学校に到着したひなたと楓。

 

すでに二時間目が終わって一緒に登校していることで、またウワサになるが大丈夫か、と楓に訊ねられたひなたは、やましいことはない、と胸を張る。

 

楓はまるでひなたのことを好きだと暗に匂わせるように、しかしからかうようにひなたと会話を続けていた。

 

ひなたに向き直って、ひなたが望むなら心中してもいい、と告げる。

 

心中という聞きなれない単語の意味を、好き同士の男女が一緒に死ぬことだとひなたは楓から説明を受けるのだった。

 
楓を教室に送り、ひなたもまた自分の教室に向かう為に廊下を歩く。
その道中、ひなたは楓が言っていた”心中”について考えていた。

 

前二列にしか女子生徒が座っていないがらんとした教室で、英語の授業が行われている。
こっそりと教室の後ろのドアから忍び込み、ひなたは教師に軽く叱られながらも自分の席につくのだった。

 

スポンサーリンク




ひなたは授業そっちのけで、自身の左手を見つめていた。
今朝、夢に見た手はもっと大きく、つつまれている安心感があったことを思い出す。

 

それと比較し、登校中にひなたの小指を握ってきた楓の手は小さく、柔らかい。
(守ってあげたい感じ…)

(私のこと、好きって事でいいのかな…)

 

ひなたは、楓の言った”心中してもいい”というセリフが、つまり私と一緒に死んでもいいということだと理解するがピンと来てはいなかった。
(そんな愛情表現 まだわかんないよ。)

 

呆けていたひなたの頭に教師が投げた辞書がヒットする。

 

ひなたは教師に『心中』を英語で何というのかと問う。

 

教師はDouble Suicide. 2人で自殺かしら、と答えてから、”心中”は使用禁止用語だとあとで職員室に来るようにひなたに告げるのだった。

 

ひなたは上の空で返事をして、窓の外の景色を見る。
(2人で自殺かぁ。味気ないな… 『心中』って互いの心の中に入っていくことなのかな。)

(私はそこまで人を好きになれるんだろうか…)

 

スポンサーリンク



 

前回、第6話の詳細は以下をクリックしてくださいね。

第7話

※後日追記予定。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA