血の轍 最新第131話ネタバレを含む感想と考察。

血の轍 8巻

第131話

※前話”130話”のあらすじのみ。第131話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第130話のおさらい

静子のアパートで静子に食事と酒でもてなされ、ほろ酔いの静一。

台風の中で帰るのは危ないからと、静子は静一に泊まっていくよう告げる。

静子に勧められるままに風呂に入り、ふと、自分が何をしているのか冷静になる静一。

大雨と強風の音を聞きながら、静一と静子は並んで寝床につく。

静一はふと、隣で寝ている静子に、これまで何をしてきたのか、何を考え、どうやって、なんで生きてきたのかと問いかける。

静子は、ひとりで外に出て、スーパー、清掃、工場など、色々な職場で働いたと答える。

そしてつい先日まで働いていた飲食店での仕事の帰り、静子は夕焼けに目を奪われ、ふとこの夕焼けを以前も見ていたのだと静子は続ける。
それは、忘れていたわけではなく、記憶に蓋をしていただけなのだと言って、静子は起き上がるとアルバムを持って静一のそばに座る。
静一に向けて開いたページには、産まれて間もない静一の写真が載せられていた。

第130話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

スポンサーリンク



第131話

※後日追記予定。

あわせてよみたい
押見修造先生のおすすめ作品や経歴をなるべく詳細にまとめました。

血の轍第5集の詳細は以下をクリック。

血の轍第4集の詳細は以下をクリック。

血の轍第3集の詳細は以下をクリック。

血の轍第2集の詳細は以下をクリック。

血の轍第1集の詳細は以下をクリック。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA