約束のネバーランド 最新第135話ネタバレ含む感想と考察。

約束のネバーランド 第105話 エマ

第135話
※前話”134話”のあらすじのみ。第135話は週刊少年ジャンプ発売後に後日追記予定。

第134話 Lost Boyのおさらい

漂流

常にもうもうと細かい砂が舞い上がる荒涼とした空間を、ボロボロの服装で歩く男がいる。

地面のそこかしこにはいくつも立てられた風車が回転しており、場違いなクローゼットが置かれている。

男は場所も時間もわからないままこの空間を彷徨っていた。

荒れた大地を所在なく歩きながら、呼びかける。
「エマ…おいエマ…!」

レイは銃を持っていない。

ふらふらと前進を続けるレイは、地面にバレルまで刺して立てた銃の横を通り過ぎていく。

「そうか…もういないのか」

銃にはエマがムジカからもらったペンダントがかけられている。

「俺は誰だ」
フードを脱いだレイの顔には深いしわが刻まれていた。

先の見えない、殺風景な景色を進み続けることを止め、その場に立ち止まる。

 

スポンサーリンク



 

解くべき謎

(「みつけてごらんぼくを」)

(「ななつのかべは」)

(「このなかにある」)

大量のぬいぐるみの中に見つけたハッチから梯子で下に降りていくエマとレイ。

下に辿り着くと、そこはシェルターによく似た空間だった。

でもドアの数が違う、とエマ。

ここもまた〇〇の”お遊び”かよ、とレイ。

エマはミネルヴァのペン型端末の情報から、壁は現れる、という一文を思い出していた。

クヴィティダラの竜の目で昼と夜を探すべし

まず北へ10里

つぎに東へ10里

つぎに南へ10里

つぎに西へ10里

天へ10里地へ10里

砂の間で矢が止まり

日が東へ沈むとき

地が哭き壁は現れる

詩調で表現された謎にある条件を満たせば壁が現れ、〇〇に会えると二人は解釈する。

しかし狭いシェルターを模した空間で、10里も先に歩いていけるはずがないとレイはエマに次の別の行動の選択を迫る。

 

スポンサーリンク



 

おかしな空間

二人は謎の通り、まずは手持ちのコンパスが指す北の方向にあるドアに向かう。

シェルターと同じく、北側にあるドアは同じだった。

ドアを開くとそこはモニター室だった。しかし天地が逆さになっており、奇妙な空間になっている。

これ以上先には進めない。

「また10里もクソもねぇな」
レイが呟く。

二人はモニター室に入っていく。

天井を歩いているみたい、とエマ。

一通り部屋の中探ってみるが、何もない。

「気をつけろ」

「うん…次ははぐれないように」

互いに警戒を促す。

部屋の中央で、二人は背中を預け合う。

銃を構えるレイ。しかし何も起こらないと判断し、廊下に戻って他の部屋を見てみることをエマに提案する。

 

スポンサーリンク



 

矢印

モニター室のドアを開くと本来は廊下に戻るはずなのにそこは食堂だった。
先ほどのモニター室と違い、今度は壁面が床になっていた。

空間のそこかしこにノイズが走っている。

壁面が床になっているので、別の部屋に通じるドアが床にある。

床のドアを開くとそこはシャワー室だった。

エマは一度ドアを閉めて、すぐにもう一度同じドアを開く。

するとそこにあったのはシャワー室ではなく、寝室が広がっている。

もう一度同じ行動を繰り返すと、今度はモニター室だった。
(またモニター室 でもさっきと向きが違う)

 

スポンサーリンク



 

エマはドアの開閉ごとに違う部屋に繋がることから、ここが先ほどまで自分たちがいたハウスと同じく空間がおかしいのだと判断する。

(まるで迷路)

そう思って、エマはふと何かに気づいてレイを呼ぶ。

ドアの先にあるモニター室のテーブルの天板に意味深な矢印があった。

「『あそぼ』か……」

エマは謎を解くためにもまずはこの場所のことを知らなくちゃ、と矢印の先に進むことを提案する。

しかしそれは謎の深みへとはまっていく道のりの始まりだった。

 

スポンサーリンク



 

第134話 Lost Boyの振り返り感想

苦戦しそう

不穏な締め方だなあ。

これが今回の話の冒頭のレイの姿、状況につながっていくわけだ。

なんか老けているように見えたし、かなり絶望的な状況下に置かれているという印象を受ける。

謎が解けるどころか、深みにはまりこんで、もはや過ぎ去っていく時間の間隔も、自分がどこで何をしているのかも定かではない感じ。

しかし、時間の間隔もわからなくなってしまっているということは、時間の流れが現実と同じではない可能性が高い。

もしこの状況から無事に首領の元に辿り着いて、現実に戻っても時間がものすごく経ってしまっていました、では物語が消化不良のまま終わってしまう。

 

スポンサーリンク



 

メタ的な先の展開の考察は自分で書いてて良くないと思う(笑)。

先の展開が予測がつかないから面白いのに、今レイの置かれている状況は一時的なもので必ず解決されるという姿勢で読むのは楽しみを失わせる。

しかしあの冷静沈着なレイをして「勝てると思っていた」という珍しい敗北を匂わせる弱気なモノローグを言わしめるのであれば、余程の仕掛けがレイとエマを待ち受けているに違いない。

この謎を解いて七つの壁に行くまでに、かなりの苦戦を強いられるのではないだろうか?

素直に見れば、GFから逃げ出して以来、いや物語が始まって以来の最大のピンチを迎えているような……。

 

スポンサーリンク



 

謎の空間

ハッチの先はやはりシェルターだった。

この空間は、何らかの技術で作り出されているのだろうか。

空間のあちこちでまるで映像が乱れているようなノイズが生じている。

実体はあるみたいだから、ホログラム技術とは違うっぽい。

何かの機械で空間が生成及び構築されているように見える。

しかし中の構造は滅茶苦茶。上下が全然違っていたり、ドアを開ける度に異なる部屋へとつながっていく。

これはまるでエマとレイの反応を見て楽しむ為にイタズラしているかのような作りに見える。

遊び半分の試練として、この迷路を用意したのかな?
偽ハウスはチュートリアルみたいなものか。

 

スポンサーリンク



 

だとすればいよいよエマとレイは本気でこの謎に立ち向かわなければならないということ。

門の先に行くと戻れないという言い伝えが真実味を持って迫ってくる。

今のところワナや攻撃は一切見られない。

しかし、ここからエマとレイは別れてしまう。
それは冒頭のレイの様子でそれは既に確定している。

ボロボロの様子は時間の経過を感じるが、実際にレイの体感時間はどのくらいなんだろう。

そんな長期間迷ってしまうほどに広いということなのか。

この空間は、狂暴な敵に命を狙われるような直接的な命の危険はない。

しかし荒涼とした大地や殺風景な景色だけが延々と続くとしたら、レイの身になって想像しただけで精神的にクる。

 

スポンサーリンク



 

エマは既にゴール地点に?

偽ハウスで落とし穴に落とされて一時的に別れてしまったように、コンビの分離と孤立化は一瞬で終わるだろう。

レイの状況はかなり絶望的だと分かったが、しかしエマはどうなのか。

ムジカのペンダントがどういう経緯でエマの首からレイに渡ったかわからないけど、案外、エマだけはこの階層のゴールに辿り着いていて、レイを待っている状態かも。

レイは思い出したように、もういないのか、と呟いていたけど、まさか死んだわけないよな……。

もしエマがレイの目の前で死んでしまったのであっても、それはこの空間にそういう幻を見せられたのかもしれない。

エマのことは心配だけど、実はピンチに陥っているのはレイだけで、エマはすでに謎を解いて先に待っていたりするかも。

そうじゃないとエマとレイが再開できないと思う……。

 

スポンサーリンク



 

これは二人にとってこれまでで最大の試練かもしれないな……。

二人とも同じような状況で、場所はもちろんのこと、時間の間隔すらも曖昧なままでさまよっていたら話が進まない。

何も目印がない、広い砂漠の真ん中、あるいは大海を小舟で彷徨っていてお互いに偶然再会する確率なんて相当低いのと同じに感じる。

一方がゴールで待っていて、一方が苦戦している。
今、エマとレイが置かれているのはそういう状況ではないか。

果たして二人は無事に再会し、この空間を突破できるのか。

首領に会うのはおろか、七つの壁までまだ遠いようだ。

前回第134話の詳細はこちらをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第135話

※後日追記予定。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA