約束のネバーランド 最新第134話Lost Boyネタバレ含む感想と考察。不穏な雰囲気の冒頭。レイが物語史上最大のピンチに陥る?

約束のネバーランド 第105話 エマ

第134話 Lost Boy

第133話 あそぼのおさらい

ハウス

意を決して歩みを進めた扉の先に、懐かしいハウスがある。

エマとレイは困惑していた。

入ってきたはずの扉も、いつの間にか跡形もなく消え去っている。

(「引き返せない」……)
レイは扉の先のルールを思い出していた。

ハウスの玄関まで歩みを進めるエマとレイ。

一度、互いに視線を交わし、二人は意を決する。

レイが扉を開ける。

ハウスは外観だけではなく、間取りから内装まですべてが自分たちが知るハウスそのものだった。

(懐かしい…)

エマはかつてハウスで生活していた時のことを思い出していた。

(ハウスだ… 本当にそのままハウスだ…!)

 

スポンサーリンク



 

銃を構えて警戒しているレイもまた、エマと同様の感想を抱いていた。
しかし同時に、何かが妙であることも感じていた。

「あ…」
エマがその正体に気づく。
「音がない…」

レイは、静かすぎる、とエマの気づきに同意する。

「誰もいないのかな?」

エマの疑問に対し、確かめよう、とレイ。

「キャハハハハッ」

上の階から無邪気な笑い声が響く。

二人は反射的に声が聞こえた先を見上げる。

しばらく上をじっと見つめていると、階段から黒いボールのようなものがトントンと軽快に弾みながら降りてくる。

それはエマたちの前まで来るとピタリと静止する。

「ボール…?」
黒い物体の印象をそのまま声にするエマ。

 

スポンサーリンク



 

不思議な空間

「あそぼ」
黒い物体は突如ぎょろりと目を開くと、エマたちに呼びかける。

驚き、黒い物体から距離をとろうとエマが後ろに下がると、床に扉が出現する。
扉はひとりでに開き、まるで落とし穴のようにエマは床から落ちていくのだった。

それに気づいたレイがエマを救おうと手を伸ばすも、エマを飲み込んだ扉はすぐに閉じると、そこに存在していなかったかのように消えてしまう。

「レーイ」

エマが自分の名を呼ぶ声が2階から聞こえてくる。

レイは階段を上り、返事をしろ、とエマに呼びかける。

「!!」

唐突にぐにゃりと空間が歪む。

(何だこれ)

レイは今起こっている事態が何なのか全くわからなかった。

「レイ」

 

スポンサーリンク



 

廊下の先から自分を呼ぶ声がして、レイはそちらに視線を移す。
「ママ…?」

そこには自分を愛おしそうに見つめるママと、ママにじゃれついている大勢の子供たちがいた。

「おかえりレイ」

レイが近付いていくと、ママはレイを抱きしめる。
「大きくなったわね……」

ママの抱擁を受け入れていたレイだったが、ふと我に返ってママを引き剥がし、距離をとる。
「誰だお前」

「あそぼ」

「あそぼ」

一緒に遊ぶことをせがんでレイにまとわりつく子供たち。

レイは子供たちの中に、コニー、ハオ、セディといった、すでに鬼の餌になってしまった仲間たちが混じっているのに気付く。
しかしレイはすぐに違うと考えなおして、誰だお前たち、と問いかけていた。

 

スポンサーリンク



 

「レイもあそぼ」
コニーたちはその質問を無視して、不気味な表情でレイに呼びかける。

一瞬のうちに幼くなるレイ。
「えっ」
レイは小さくなった手の平を見て、自分の身に起こった事態を知り戸惑っていた。

「おいで私の可愛い子供達」

ママの呼びかけに応じて無数の扉が一斉に開くと、中から子供が出てくる。

大勢の子供たちはレイを取り囲むと、あそぼ、と楽しそうに繰り返す。

恐怖に顔を歪めているレイを見て、ママは笑っていた。

ふとレイが気づくと、ママや子供たちは一瞬で骸骨に変わっている。

「さあみんなで仲良く遊びましょう」

ママの外見をしていた骸骨が子供たちに呼びかける。

必死で逃げるレイにじゃれつくように子供の骸骨たちが追いかけていく。

 

スポンサーリンク



 

昇降口

その頃エマは扉が無数にある廊下を駆けまわっていた。

扉を開き、その先に向かっても同じ廊下にある別の扉から出てしまう。

「レーイ!!」
エマはレイの身にも同じことが起きていないかと考えながら、出口を見つけるべく廊下を走り回る。

早く合流する必要性を感じていたエマは、銃を構えると一つの扉に向かって連続で弾を撃ちこむ。

骸骨から逃げ回っているレイの耳に、その銃撃音が聞こえていた。

エマは銃で破壊した扉の先に出てきた白い壁に向かって飛び蹴りをする。

見事に壁が割れ、そこに生じた穴を覗き込むと、そこには骸骨から逃げ回っている幼いレイがいる。

エマは壁の穴を横から普通に覗いているはずなのに、レイから見ると上に開いた穴から下に向けて覗いているように見えていた。

歪んだ空間の中、お互いの場所を確認するエマとレイだったが、突如空間が崩壊し始めて落下してしまう。

 

スポンサーリンク



 

落下する最中、エマはそこかしこに開いた扉の内側から子供の骸骨や動くぬいぐるみが自分たちをじっと観察していることに気づく。

不気味な光景に恐怖するエマ。

二人が落下していく先には、大量のぬいぐるみがある。

エマとレイは、それがクッションとなって助かっていた。。

ぬいぐるみの海から顔を出したエマは、レイが幼くなっていることに気づく。

なんで? と問われ、知らねぇよ! とツッコミをいれるレイ。
「てかお前こそ」

そこでエマは、自分がレイと同様に幼くなっていることに気づく。

しかし今度は一瞬のうちにレイが元の姿に戻っていた。

(何なんだ ここは一体何なんだ)

 

スポンサーリンク



 

そしてエマもまた元に戻っている。

「あそぼ」

「あそぼ」

「あそぼ」

足元を埋め尽くすぬいぐるみがエマとレイに呼びかける。

「あなた…」
エマは一体のぬいぐるみに向けて話しかける。
「あの時の〇〇だよね?」
エマはかつて自分が遺跡で意識を失った時、昼と夜の同居する空間で出会った〇〇に言われたことを思い出していた。

(「そしたらあそぼ」)

周りのぬいぐるみは、あそぼ、あそぼ、と繰り返している。

 

スポンサーリンク



 

「ちゃんと”入口”から来たよ」

「私達 ”約束”を結び直したいの」

エマは辺りを見回し、歩きながら、〇〇に呼びかける。

「ここは何? あなた今どこにいるの?」

「ぼくはずっとあのばしょにいるよ」
〇〇からの返答が聞こえてくる。
「ななつのかべのさき」

「ななつのかべのさき」

「みつけてごらん」

「ぼくを…」

二人は辺りを見回していると、上蓋が開いた状態の昇降口があることに気づく。

そこを覗き込むと、梯子が続いている。
缶詰などの食料が大量に置いてあり、”この先深さ注意”といった注意書きが無数に壁に貼られている。

「ななつのかべは」

「このなかにある」

 

スポンサーリンク



 

第133話 あそぼの振り返り感想

おかしな場所

やはり扉の先のハウスは本物ではなかった。

随分とおかしな空間に来てしまったものだ。

横から入ったと思ったら下から顔を出すといった、明らかな空間の捻じれがある。

そしてコニーやハオといった既に鬼の餌になってしまったメンバーも混じって、ハウスの仲間たちの姿をとった骸骨がエマやレイを揶揄う。

おまけにエマたち自身も幼くなったり戻ったり……。

今のところ、ここが現実なのかそれとも精神世界なのかも定かではない。

ひとつ言えることは、〇〇に弄ばれていることは間違いない。

まるで自分のところにやってくるのが待ちきれず、エマたちにちょっかいを出しているような感じだ。

彼曰く、ここはまだ七つの壁の手前であるとのこと。

ラストのコマの、上げぶたのついた昇降口の先に行くと何があるんだろう?
この形の入口となると思い出すのはシェルターだ。

食料が積まれているけど、かつて暮らしていたシェルターの昇降口ってこんな風になってたっけかな……?

でもハウスそっくりな空間の次に、今度はシェルターを模した空間が来る可能性はあると思う。

そこには今回出てきたママのように、ユウゴやルーカスが出てくるのだろうか?
 

スポンサーリンク



 

入ってきたはずの扉が消えてしまったように、いきなり建物の外に出たとしても全く不思議ではない。
何でもありの空間だからまるで予想がつかない。

エマやレイの記憶の中にあるものや人が再現されているというのが今後の展開のカギになってくるのかな……。

前述した通り、今のところは攻撃を受けているというよりは揶揄われている、遊ばれているだけのようなので、命の危険は感じない。

もちろんずっとこの調子だとは限らないが、〇〇は自分のところにエマたちが来るのを好ましく思っていないわけではないようだし、直接的な危険が彼らに降りかかる可能性は低いのかなと思った。

しかしこの空間に閉じ込められるのは十分恐ろしいこと。

頭をフルで使わないといつまでもここに居続けることになりかねない。

出口となるはずの扉がない以上、エマたちは前に進むしかない。

果たしてエマとレイの進む先に何が待ち構えているのだろうか。

前回第133話の詳細はこちらをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第134話 Lost Boy

漂流する男

荒涼とした大地を彷徨う男。

地面には何本も風車が立てられており、回転し続けている。
場違いなクローゼットが置かれていたりと、不思議な空間が広がっている。

「もうわけがわかんねぇ…」

「ここはどこだ 今は何年だ」

荒れた大地をふらふらと歩く。

「エマ…おいエマ…!」
呼びかけるが誰も答える者はいない。

レイはもはや銃を携行していなかった。

しかし足元には、バレル部分までを地面に刺した銃がある。

「そうか…もういないのか」

その銃にはエマがムジカから手渡されたペンダントがかけられていた。

「俺は誰だ」
フードを外したレイの顔には深いしわが刻まれている。

 

スポンサーリンク



 

(「みつけてごらんぼくを」)

(「ななつのかべは」)

(「このなかにある」)

ハッチを降りて下に行き着くと、そこにはシェルターによく似た空間が広がっていた。

しかしここがシェルターではないことにエマは、ドアの数の違いですぐに気づく。

レイはさきほどまでいたハウスを模した空間と同じく、このシェルターもまた〇〇の”お遊び”だと理解する。

エマはミネルヴァのペン型端末の情報を思い出していた。

クヴィティダラの竜の目で昼と夜を探すべし

まず北へ10里

つぎに東へ10里

つぎに南へ10里

つぎに西へ10里

天へ10里地へ10里

砂の間で矢が止まり

日が東へ沈むとき

地が哭き壁は現れる

この中にある条件を満たせば壁が現れ、〇〇に会えるのではないかと二人は解釈する。

しかしシェルター内に10里もの広さがあるはずがない。

「どうする?」
レイがエマに問いかける。

 

スポンサーリンク



 

異常な空間

二人は謎の詩の始まりの通り、まずは北のドアに向かう。

コンパスが機能することを確認して進む。

実際のシェルターと同じく、北側のドアの位置は同じだった。

ドアを開くとモニター室だった。
しかし天地が真逆で、そこは奇妙な空間になっている。

「また10里もクソもねぇな」

二人はモニター室に入って一通り部屋の中を探る。しかし何もなかった。

互いに、もう離れ離れにならないように警戒を促し合い、部屋の中央で、背中を預け合う二人。

レイは銃を構える。
しかし何も起こらないので、他の部屋の探索をエマに提案する。

 

スポンサーリンク



 

矢印の先

廊下に戻るためにモニター室のドアを開く。

そこには本来は廊下があるはずなのに、そこに広がっていたのは壁面が床になっている食堂だった。

空間には度々ノイズが走る。

床のドアを開くエマ。
そこにはシャワー室がある。

一度ドアを閉め、もう一度ドアを開くと今度は寝室。

さらにもう一度同じ手順の繰り返すと、今度は壁面が床になった状態のモニター室だった。

 

スポンサーリンク



 

ドアの開閉ごとに違う部屋に繋がるという常軌を逸した現象は、先ほどまで自分たちがいたハウスと同じように空間がおかしいためだとエマは判断していた。

(まるで迷路)

そしてエマはふと何かに気づく。

レイを呼び、一緒にモニター室のテーブルの天板にある意味深な矢印を見るように促す。

「『あそぼ』か……」
〇〇のセリフを復唱するレイ。

「行こう! 謎を解くためにもまずこの場所を知らなくちゃ」

 

スポンサーリンク



 

第134話 Lost Boyの感想

今回は苦戦する?

冒頭のレイの様子を見れば、尋常ではない事態が二人を襲ったことは想像できる。

これまでGFハウスからの脱出、その後のシェルターまでの逃避行、猟場での貴族鬼との戦い、シェルター撤退戦など幾多の試練やピンチを切り抜けてきたエマとレイだけど、今回のそれは、これまでのものとは質が違う感じがする。

まずこの空間自体があまりにも常軌を逸している。

空間が上下左右でおかしい状態なのは今回の話で見た通りだが、どうやらここでは時間間隔さえもおかしくなるらしい。

「今は何年だ」
冒頭のレイが呟いていたけど、年単位で時間が経っていると感じるほど長時間彷徨っているということ?

本当にそれだけの時間が経過しているわけではなくて、そう感じているだけだと思う。
大人の体格になって顔が老けているのはレイの精神の在り様を表しているのではないだろうか。

でもそれって怖いよなー。レイは意識を保っているけど、自分なら狂いそうだ。

気をつけていたはずなのに、エマとも別れてしまった。

「そうか…もういないのか」

このレイのセリフはどういう意味なんだろう。

まさか死んでしまったということはないだろうけど、かなり前に二人は別れてしまったことを伺わせる。

レイが憔悴した様子なのはエマともう会えないという絶望感からでもあるんじゃないか。

正直、この状況からレイが抜け出せるような気がしない。

「俺は誰だ」

彷徨っている意味すら失っているとしたらもう完全に詰み状態だろう……。

あまりに長時間彷徨い過ぎて自分を見失っている? ただただ怖い。

これはエマがレイを助けるパターンかな?

 

スポンサーリンク



 

空間に走るノイズ

GFハウスを模した空間と同じく、ハッチの先はシェルター。

この空間にやってきた人間に対して空間自体が反応して、その人に馴染みのある風景を見せるのか。

レイの陥った状況を考えると、〇〇の”あそび”は無邪気でありながら残酷だ。

今回の話で、度々空間に”ジジ…”とノイズが音と共に生じている。

これは空間を構成する技術があることを意味しているのだろうか。

空間に走ったノイズのデザインに、かなりハイテク感があるんだよなー。

不思議な世界というより、案外科学の力でそう見せているなのか?

とはいえ、発達した科学はもはや魔法だけど。

超常的な現象がエマとレイに降りかかっている。

この状況を突破する為に重要なのは、やはり”謎”の存在になってくる。

しかしレイの頭脳をもってしても、容易には解けなかったようだ。

今回冒頭で登場しなかったエマは、一人先に謎を解いて、レイを探している可能性がある。
……というか、そう思いたい。

エマもレイと同じように老けてしまっていたらヤダなぁ(笑)。

 

スポンサーリンク



 

エマはどこに?

エマは一体どこにいったのだろう。

気になるのは銃身にかけられたムジカのペンダント。

エマがこれを手放すというのはよほどのことがあったと推察できる。

そもそもどうやってレイと別れてしまったのか。

先が気になり過ぎる。

果たして二人は無事に再会し、この空間を突破できるのか。

しかし白井先生の体調不良が心配だ。

ハードな仕事であるにもかかわらずこれまでほとんど休みもなく毎号続いてきただけに心配だ。

白井先生、無理せず養生してください。<(_ _)>
続き楽しみにまってます。

以上、約束のネバーランド 第134話のネタバレを含む感想と考察でした。

第135話に続きます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA