響 小説家になる方法 最新第97話の感想(ネタバレ含む)と考察。

響 小説家になる方法 第96話 涼太郎

第97話
※前話”96話”のあらすじのみ。第97話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第96話のおさらい

花井は涼太郎に対し、響が『お伽の庭』の前に書いた小説があるのかと問いかけていた。

 

客のいる前では、とやりとりを渋る涼太郎に花井は他の二人の女性客に圧力をかけて追い出し、二人だけが残され緊迫した空気の中、花井は涼太郎への追及を続ける。

 

花井はリカが響に感じていたという違和感を話し始める。
2年前、響と涼太郎が文芸部に入部して間もない頃に涼太郎と部室で二人きりになった際、涼太郎は響の小説を読んだことがないと言った。

 

しかしリカは、涼太郎はその後、名だたる文豪は自殺しているので、響が小説家になっても幸せになれるとは思えない、と言っていたことを挙げ、まるで小説を書いたことのない女子高生と文豪を同列に語ることに違和感を覚えていたのだった。

 

リカが覚えた次の違和感は、響が誰にも内緒で小説を投稿したと知った時だった。
響は部誌で書いた短編小説を特に照れる様子を見せることなく自分に読ませてくれたので、この点にも違和感があたのだという。

 

リカは、響は小説を書いたなら、身近な涼太郎を始めとして普通に周りの人間に見せるだろうと結論する。
しかし『お伽の庭』に関しては周囲には一切見せなかった事実を挙げ、リカは、何か理由があるのかな、と花井に問う。
 

スポンサーリンク




 

最後にリカは、響が『木蓮』に小説を投稿した理由を花井に問いかける。

 

花井は響が『感想だけ聞きたかった』『自分の価値観を確認したかった』と言っていたことを思い出し、すぐに違和感を覚えるのだった。
 

スポンサーリンク




 
響が自身の価値観を疑う何かが『お伽の庭』執筆前にあったのだろうという推測は、ひとつの答えを生む。

 

花井は、響が『お伽の庭』以前に書いた作品があるのではないかと涼太郎を追求する。
そして響が目立つことを避けるため、この才能を世に出さないよう、あえて彼女の小説を酷評した、と続ける。

 

わかりません、と言う涼太郎の反応から、花井は涼太郎が否定はしないと受け取っていた。
花井は響の原稿の存在を確信して立ち去ろうとする。

 

「少しでいいから響のことを考えてやってくれないかな。」
涼太郎は既にある原稿を使うとしても手直しがあるし、一度は退学してまでマスコミを遠ざけたのに連載が始まったら響の周りがまた騒がしくなる、と続けて響の連載に難色を示す。

 

しかし花井は、嫌われても恨まれても響の小説は世に出したいと言い、立ち去ろうとする。

 

涼太郎が花井に、原稿はありますよ、と声をかけ、立ち止まらせる。

 

カウンター内から出て花井に近づいていく涼太郎。

 

そして花井が店に入ってきた時に涼太郎にしてみせたように、人指し指で花井を呼び寄せる。

 

無防備に近づいてきた花井の喉を涼太郎は突如右手で締め上げるのだった。

 

スポンサーリンク




 

そして涼太郎は左手のフォークを花井の顔の前にかざし、これはケーキを食べたり、頸動脈を刺したりするのに使うのだと脅し文句を言ったあと、花井の首元目がけてフォークを刺そうとする。

 

次の瞬間、響が現れ、松葉杖の先で涼太郎の脇を思いっきり突く。

 

強烈な一撃を食らい、涼太郎は花井の首から手を離す。

 

警察を呼ぶという花井に、響は、前後はわからないが、芝居だろうと指摘するのだった。
 

スポンサーリンク




 

響は、涼太郎が自分が来ている事に気付いていたと告げる。

 

涼太郎もそれに同意し、響の言っていた芝居という指摘を暗に肯定する。
花井が本気で文芸に取り組んでる様に、響のことを本気で守りたい奴もいることを知ってほしいという涼太郎。

 

その主張に花井はキレた花井。
響の松葉杖を何度も涼太郎の顔に振り下ろす。

 

涼太郎は、ごめんなさい、と謝るばかりで、特に反撃はしない。

 

どういう流れなのか全く響は、二人のやりとりをただただ不思議に思うだけだった。

前回、第96話の詳細は以下をクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第97話

※後日追記予定。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA