アンダーニンジャ第12話の感想(ネタバレを含む)と考察。

アンダーニンジャ 第8話 加藤

第12話

※11話のあらすじのみ。12話はヤングマガジン発売後に追記予定です。

第11話のおさらい

下着ドロボーの少年は九郎の電撃で気絶したあと、大野さんの部屋に寝かされていた。

少年は目を覚ますと、自分が今いるのがボロアパートの中の川戸の部屋かと期待したものの、胡坐をかいて自分を見下ろしているおっさん――大野さんの姿に、軽くため息をつく。

大野さんは少年の失礼な態度に不快感を示しつつ、自分が気絶していた少年を部屋に運びこんだのだと説明し、少年が下着泥棒であることを知っていると告げる。

もはや逃げられず、人生が詰んだと感じた少年は、包丁を使って何もかも終わらせようと考えていた。

しかし包丁は台所で何かを切っていた九郎が使用していた。
「お前の持ってきた包丁切れ味いいな」

包丁を手にできないと知り、少年は全てを諦める。

九郎はしれっとした表情で、どうして倒れた? よくあるのか? と少年に問いかける。

左肩に激痛が走って意識がなくなった、と答えた少年に九郎は一言、貧血だな、と断定する。

少年は貧血を否定するが、九郎は貧血説をごり押しし、貧血に効くと適当なことを言って少年にナスの漬物を差し出す。

スポンサーリンク



 

そこに、缶ビールを持参して川戸がやってくる。

ブラジャーの主である川戸の登場に少年の緊張は一気に高まっていく。

川戸が少年の素性を誰にともなく問いかける。

大野さんがどう言ったらいいかと説明を渋っていると、九郎がさらっと答える。
「彼はブラジャーを拾ってくれてわざわざ持ってきてくれたんです」

川戸に笑顔で礼を言われ、少年はこの思いもよらぬ展開に戸惑いを覚えていた。

しかし川戸からブラジャーが自分のものではなく、隣のおばちゃんのものであることを説明され、少年は思わず顔を手で覆うのだった。

どしたの少年? という川戸からの質問に少年は、ちょっと貧血かな? と何とか答える。

貧血だな、とどさくさでダメ押しする九郎。

そして川戸は変態外国人に遭遇したことを話題にする。

スポンサーリンク



 

川戸が遭遇した外国人にピンときた九郎は、川戸にその特徴を質問する。
「その外国人は青いパーカーで金髪でメガネで白人でしたか?」

それだ、と川戸。

九郎は川戸にその話の詳細を求める。

一方、局部切り取り犯の外国人と佐々魔との戦いは続いていた。

佐々魔は、外国人のナイフによる連撃を無駄のない動きでかわし、受け流す。

くるりと回転し、背中を見せている佐々魔に向かって外国人が駆け寄って行く。

佐々魔はそれを知っていたかのように、壁を蹴って後方に飛び上がり空中で一回転すると、近くまで迫ってきていた外国人の顔目がけてヒップアタックを直撃させるのだった。
地面に倒れた外国人を見据えて佐々魔は、ふぅ~、と息を吐く。

 

前回第10話の詳細はこちらをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第12話

※後日追記します。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA