GIGANT ギガント最新第74話コンボネタバレを含む感想と考察。巨人たちに優位に戦いを進めるパピコたちだが……。

ギガント 第4集

第74話 コンボ

第73話のおさらい

人々は街頭の巨大ビジョンでパピコたちの戦いを見守っていた。

鬼頭軍曹に溶解液を発射しようとする巨人。
その瞬間、鬼頭軍曹は巨人にアッパーを決める。

その結果、巨人は頭上に放たった溶解液を自ら浴びるのだった。

戦況が好転したことに歓声を上げる街の人々。

桃ノ木少佐とパピコは、それぞれ別の巨人に向けて普通の人間のサイズで接近していく。

塩沢上等兵は四本腕の巨人のパンチをかわして、胸に抱きつき、攻撃の間合いを殺しつつ機会を図っていた。

スポンサーリンク



しかし巨人のボディブローで攻撃の間合いが戻ってしまう。

ヘフナー伍長は、また別の巨人と対峙していた。
冷静にパンチのラッシュをかわす。

白い巨人が、他の巨人と戦っている隙をつく形で鬼頭軍曹に駆け寄ると、至近距離からビーム砲を放つべく、六本の腕で胸の穴を大きく開く。

回避行動がとれない鬼頭軍曹にビーム砲が発射されようとした瞬間、巨大化した桃ノ木少佐がビーム発射口である胸の穴から白い巨人を突き破るのだった。
桃ノ木少佐は確信を以て叫ぶ。
「こいつらはサタン再生の時間稼ぎだ!!」

スポンサーリンク



第74話 コンボ

サタンに破壊されたニューヨークの市民は、パピコたちとサタン・巨人との戦いを街頭ビジョンで見守っていた。

残り3体となった巨人と戦う戦士たち。

桃ノ木少佐は巨人たちはサタンの回復までの時間稼ぎのために出現したと喝破し、サタンに復活される前に巨人を片付けようとしていた。

「サタンが再生する前に!!」
鬼頭軍曹に方針を伝える桃ノ木少佐。

はい、と返事をする鬼頭軍曹。

スポンサーリンク



巨人が目を光らせ、ビームを出そうとした瞬間、パピコが巨人の内部から巨大化して巨人の体を突き破る。

新宿の街頭ビジョンを見つめていたギャラリーたちが大盛り上がりになる。

腕を振り回しながら目からビームを放っていた別の巨人の内部から、巨大化したヘフナー伍長が身体を突き破る。

パピコに身体の内部から突き破られた巨人は、顔を無くしてもなお暴れていた。
パピコは必死に巨人の方に抱き着き、振り下ろされないようにしていた。

「パピコさん!!」

鬼頭軍曹の構えを見て、彼が何をするのかを把握したパピコは巨人から手を離す。

スポンサーリンク



その瞬間、鬼頭軍曹の腕からビームが放たれる。

「3人で集中して撃とう!!」

桃ノ木少佐、パピコも鬼頭軍曹と一緒ビームを1体の巨人に浴びせ続けて、巨人を爆発四散させることに成功するのだった。

塩沢上等兵たちが戦っている巨人に対して桃ノ木少佐が号令をかける。
「全員で集中砲火だ!!」

パピコたちは5人で残り一体の巨人にビームを集中させ、巨人の上半身を爆発させることに成功する。

川沿いの道で戦いを見守っていた零は、思わずガッツポーズをする。
しかしすぐそこに、今にも再生を終えようとしているサタンの姿を見つけるのだった。

スポンサーリンク



感想

一気に4体もの巨人が出現して敗色濃厚かと思っていたけど、見事に立て直した。

やはり巨大化による内部破壊攻撃は最強だった。

前回1体倒したことで数的優位がとれていたのもあって、今回はほぼ一方的に勝ったような印象を受ける。

ビーム攻撃を集中させ、最後の1体を爆発四散させて勝利!

……と思ったらサタン復活。

つまり巨人たちはその役目をきちんと果たしてから逝ったわけだ。

スポンサーリンク



VS4体の巨人はパピコたちの完全勝利と言っても良いけど、巨人たちがサタン復活までの時間を稼ぐという仕事をやり遂げたことで、勝負はまだわからなくなった。

4体とサタンとの戦いは言わば局地戦。
そこではパピコたちが勝利したが、戦略的に戦いを進めているのはサタンだ。最初の未来の戦士たちとの戦いの時、サタンは彼らを舐めていたように思う。少なくとも敵を積極的に排除しようとしているとは到底思えない。王者の余裕すら感じた。
しかし第二ラウンドは最初から全力で襲ってくるだろう。そう考えると、この戦いはパピコたちに一方的に優位とはとても思えない。

戦いは大詰めを迎えている。果たしてサタンに勝つことができるのか。

ギガント第74話のネタバレを含む感想と考察でした。

第75話に続きます。

あわせて読みたい記事。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA