夢で見たあの子のために最新第2話の感想(ネタバレを含む)と考察。犯人である『火』の男に迫っていく千里。

夢で見たあの子のために 第2話 千里

第2話

第1話のあらすじ

豪雨の降りしきる夜、平屋建ての一軒家で父母殺害と双子の兄が失踪。

一人残された、当時5歳の弟は発見されるまで父母の死体が転がる血の海となった部屋で泣きじゃくっていた。

時が経ち、高校生になった弟――中條千里(ナカジョウセンリ)は板倉という男子生徒から塾に払うためのお金20万を不良に盗られたので取り返して欲しいという依頼を受ける。
夢で見たあの子のために 第1話 板倉
過去に同様のケースで取り返した実績があることを見込んで板倉は千里に依頼していた。

千里は渋りながらも報酬をもらえることを約束して依頼を受けることに。

犯人の情報を板倉から聞き出し別れた千里は、女子生徒の恵南(エナ)と遭遇する。

いきなり恵南から、いい加減にしなよ、と窘められた千里。
夢で見たあの子のために 第1話 恵南
恵南からの忠告に耳を傾けるのもそこそこに学校を出て行く。

京成立石駅を降り、少し歩いた中條青果店に帰った千里は着替えてすぐに外に出る。

自転車で野菜を配達する直前だった祖父から配達物を代わりにこなす千里。

配達物を終えた後、千里は『桜欄(ローラン)』というバーに行く。

そこにはみるからに不良の3人組がソファを占拠している。

千里は3人組にずかずかと近づいていき、開口一番、金を取り返しに来たと声をかける。

立ち上がった金髪の坊主が千里を殴りつけると千里の脳内に映像が浮かぶ。

木登りをしている。

先に登っていた男の子がこちらに手を伸ばしているが、自分は落ちていってしまう。

その落ちていく視界は、怪しげな軽トラックが停止しているのを捉えていた。
夢で見たあの子のために 第1話 記憶?
殴られた千里は墨田川らしき河のそばで地べたにあぐらをかき、漁船を眺めていた。

そしてガードレールにもたれ、夕日を背景にしたスカイツリーを眺める。

恵南は葛飾区立もみじ園という孤児院の台所で洗い物をしていた。

夕飯を終えた子供たちが思い思いの時間を過ごしている。

恵南はそれを確認してから廊下を歩いていくと走って来た坊主頭の男の子しんのすけにぶつかられる。

しんのすけに廊下を走るなと注意して見送る恵南はふと傍らの『持出禁止』と貼り紙がされたドアを見る。

ドアを開けて中に入るとそこは倉庫のような部屋で、恵南は一つの封筒を手に取り開ける。

包丁を持り、眼以外を黒く塗りつぶされた何者かの絵が首の部分で切り離されている。
夢で見たあの子のために 第1話 恵南と千里の絵
恵南は絵を見て幼い頃を思い出す。

狭い部屋の中で、この絵を描いた幼き頃の千里がカウンセラーらしき女性に、この絵をしまっちゃいましょう、と諭されている。

恵南はその様子を覗いている。

「この人は今千里君の前にいないでしょう?」

「今はこの絵の人の事は忘れましょう」

女性に促されるまま、ハサミを所望し、千里は絵を切り始める。

女性はそれを褒めるが、千里はその絵の何者かの首を切断していた。

幼い恵南は異常な空気を感じ取り顔を歪める。
夢で見たあの子のために 第1話 恵南
学校。

千里は不良から13万のお金を取り戻し、内7万を板倉に返却していた。

板倉を別れた千里に恵南が、そんな稼ぎ方はやめろ、と諫める。

恵南は自分の忠告に耳を傾けようとせず離れていく千里にパソコン買ってパソコン教室に通えと言い放つ。

千里は手を上げて了解の意を示しながら離れていく。

再び桜欄に来た千里はソファに座る3人組に取り分が4・3・3・3なのはおかしいと話しかける。

俺達のは恨まれ代だとお金を要求され、千里は2万を3人組に向けて放る。

千里4万、他3人がそれぞれ3万を板倉の20万から得ていた。

テレビの音声が千里の耳に入る。

ふとテレビ画面を見るとインタビューを受ける工員のその後ろで作業をしている工員の捲った腕に縦筋の傷が何本も入っている。
夢で見たあの子のために 第1話 犯人?
まるで千里の目から隠すようにすぐに腕の傷は下ろした袖に隠されてしまったが、千里はテレビの画面に釘付けになっていた。

千里はテレビのチャンネルを変えようとする金髪坊主に、変えるな! と鋭く一喝する。

金髪坊主は不愉快そうに顔を歪める。

千里は画面から目を離さずテレビの中の工場がどこなのかを3人に問いかける。

千里は、知らないという3人の言葉に舌を打ち、役に立たないと呟く。

立ち上がる金髪坊主。

千里は金髪坊主に振り返り、酒瓶を振り上げる。

金髪坊主は手で顔を守ろうとするが、千里は自らの左肩に酒瓶を振り下ろしていた。
夢で見たあの子のために 第1話 中條千里
また脳裏に浮かび上がる映像。

降りしきる雨の中、腕に縦筋の傷が何本もついている手に自らの手首を掴まれて連行されていく。

腕の傷が今見たばかりの工員の傷と重なる。

(見つけたぞ! 俺が殺す男を)

前回第1話の詳細はこちらをクリックしてくださいね。

スポンサーリンク



第2話

(見つけたぞ)

 

千里は、自分でビンで叩いた左肩を押さえる。

 

(『火』の男)

 

千里に見えた映像の男の腕の傷は『火』の文字に刻まれている。

 

(一登を殺した男…!)

 

千里の回想。

 

一家殺人事件の現場となった千里の自宅では両親が言い争っている。

 

両親の争っている部屋のすぐ外の廊下、階段下の物置スペースの扉の内側に千里が入った状態で外の一登と会話している。

 

「きょうはとうちゃんおさけのんでるから」
一登はしゃがみこみ、この中に入っていろと千里に言う。

夢で見たあの子のために 第2話 千里と一登

「いいって一登」
千里は断り、自分も外にいると返す。

 

ダメだと即答する一登。
二人とも殴られたら損だから、と言い、一登は外から扉を閉め、鍵をかける。

 

両親の言い争う声を続く。

 

「…だと この…!」

 

パン、と人間を張る音が聞こえる。

 

その音にビクッと反応する千里。

 

「……何だその目は…!」

 

どすっ、という鈍い音。それと同時にガシャンとガラスが割れる音が続く。

 

「とうちゃん もうやめて!!」

 

「一登…! お前は引っ込んでろ!!」

 

千里は突如、ぱんっ、と顔を左頬を張られてふらつく。

 

千里の目に映像が広がる。

 

父が母に対して滅茶苦茶に暴力を振るう。

 

父の蹴りで後ろに吹っ飛び、背後にあった棚にぶつかって項垂れる母。

 

映像の中の一登は暴力を止めようと手を伸ばす。

 

父は、今度はこちらを振り向き、右手を振り上げて襲い掛かってくる。

 

映像はそこまで。

 

「……いってー…」
千里は左頬を手で押さえる。

 

静寂が訪れる。

 

一登は物置の鍵を解除して扉を開く。

夢で見たあの子のために 第2話 千里と一登

千里は体育座りをしている。
「一登 やっぱダメだ おれもイタい」
千里は左頬を手で押さえながら一登に向かって報告する。

 

「そうだろうけどさ」
一登の左頬も張られた跡がある。
「千里もおれもなぐられてふたりとも2かいイタいよりいいだろ」
薄く笑みを浮かべる一登。

 

じゃあかわりばんこにやろう、と言う千里に、一登は、アニキの役目だから、と断る。

 

一登と千里は仲が良く、物はもちろんのこと、行動、感情などを共有していた。

 

双子ならばおもちゃや服の共有はもちろん、一緒に行動するために感情まで共有することはあるかもしれない。

 

しかし一登と千里は「痛み」「視覚」までも共有していた。

 

一方が身体に激しい痛みを感じると、同時にもう一方にも痛みが共有され、その直後に痛みを受けた側の視界までも共有するように頭の中で映像が流れる。

 

一登と千里は、それを当然のことと考えていた。

スポンサーリンク



殺人事件当日

13年前の叩きつけるような大雨の日。

 

父は居間で酒を飲み、母に対して罵声を上げている。

 

しかし叩きつける雨の音で父の罵声がかき消され、それが一登と千里にとっては気楽だった、そんな夜。

 

二人は階段に座り、父と母の仲裁に出るタイミングを待っていた。

 

「かあちゃんもとうちゃんにちかづかなきゃいいのにな」と千里。

 

「そしたらべつのところでなぐられるだけだよ」と一登。

 

一登の左頬には絆創膏がガーゼが貼り付けられている。

 

階段下の収納が開いている。

 

二人はその前で、隠れる側をどちらにするか相談している。

 

父から母への暴力は止めに入った一登が殴られて終わることがパターン化している。

 

一登はいつものように千里に入れと言うが、千里は、たまにはじゃんけんで決めようと返す。

 

今日だけ、とじゃんけんの態勢をとる一登。

 

毎回提案するつもりでいた千里は、一登のじゃんけんの手が出る瞬間、チョキの形になったのを見てグーを出す。

 

しかし一登は、ただ単にパーでを出していた。

 

わざと負けようとグーを出していた千里は勝ってしまう。

 

ずるい、と声を上げた千里。
続けて、誰に習ったのか、と続ける。

 

「自分で考えた」
さらに一登は笑みを浮かべながら続ける。
「千里は目がいいからひっかかるとおもった」

 

千里は一登の考えに驚き、感嘆の声を漏らす。

 

収納の扉が閉められる。

 

千里は体育座りでいつものように静まるのを収納スペースの中でじっと黙って待っていた。

 

激しい雨が降りしきる音が言い争いの声をかき消していた。

 

いつもの言い争いの音。それに加えて、何者かが廊下を歩く聞き慣れない音に千里は違和感を覚え、目を開く。

夢で見たあの子のために 第2話 火の男

一登が心配になった千里は収納の内側から外に意識を集中していた。

 

(一登…まだなぐられてないのかな)

 

ガシャン、どすん、といつもとは違うタイミングで、千里はいつもとは違う罵声、物音を聞いていた。

 

ゴキン

 

一際大きな異音がまるで千里の心臓に響くかのように生じ、人の声が消える。

 

千里は恐怖に顔を歪ませながら廊下を歩くような音を聞いていた。

 

一登との約束を守っていたわけではなく、恐怖で動けなかった千里。

 

しかし、千里は、間もなく起きた左肩の鋭い痛みに悲鳴を漏らし、収納スペースのドアを内側から体当たりで破壊し外に出る。

夢で見たあの子のために 第2話 千里

すぐ目の前の居間に向けて一登に呼びかける千里。

 

引き戸が開き、居間の様子が丸わかりになっている。

 

そこには血まみれで倒れている父と母の姿があった。

 

左肩を押さえ、千里はゆっくりと居間に足を踏み入れていく。

 

あたりを見回して一登を探す千里だったが、すぐにまた左肩の痛みが生じて悶絶する。

 

脈打つ鋭い痛みとともに脳裏に映像が流れる。

 

大雨に晒される自宅。

 

腕に傷を持つTシャツの男に左手をねじ上げられるように持たれ、停車していた車の助手席に無理やり乗せられる。

 

(…一登…一登!)

 

「一登―――!」
右手で左肩を押さえたまま地面に突っ伏す千里。

 

この瞬間が一登との最後から二番目の視覚の共有だった。

 

回想終了。楼蘭にて。

 

床に転がる瓶。

 

千里は左肩を右手で押さえながら3人を睨む。

 

千里を睨み返す3人。

 

テレビでは、まだ工場員のインタビューが流れている。

 

千里は、工場はどこだ、と睨む。

 

一つ深くため息をつきながらソファに勢いよく背中をもたれるメガネの不良。

 

「…四つ木だよ」
端的に答えるメガネ。

夢で見たあの子のために 第2話 メガネの不良

何? と反応する千里。

 

メガネは、自分の家の近所が映っていたからチャンネルを合わせ放しだった、と無表情で答える。

 

「…連れてけ 今すぐ…!」
千里は鋭い目つきで眼鏡を見る。

スポンサーリンク



工場へ

中條青果店。

 

惠南は開いている店の目の前に自転車を停める。

 

自転車の荷台に沢山の野菜がダンボール箱ごと紐で固体されている。

 

今日明日中に使い切れと忠告する千里のおじいさん。

 

惠南はニコニコ笑いながら礼を言う。

 

千里のおじいさんは、食えるけど、もう売れないからいい、と返す。

 

惠南は店の奥、自宅スペースのある方を見る
「千里はまだ帰ってないんだ?」

 

どこをほっつき歩いてるのか、早く帰って風呂掃除してくれと惠南にメールを促すおじいさん。

 

素直に肯定する惠南。

 

おじいさんか自転車で家から一定のら離れたところで千里にメールを送る惠南。

 

(千里の奴 またバカやってなきゃいいけど)

 

その頃、千里はメガネの不良と一緒に徒歩で件の工場に向かっていた。

 

千里のスマホが鳴る。

 

メガネの不良がそれを指摘するが、千里は出ない。

 

着いたのは「能々口製作所」という表札のある鉄製の門の前だった。

 

千里は躊躇いなく鉄の門を押す。

夢で見たあの子のために 第2話 千里

「…お前な」
メガネの不良が千里の背中に問いかける。
「何の用事か知らねえけど明日じゃダメなのかよ?」

 

「うるせえな 『今』なんだよ!」
千里の表情は殺意に歪んでいる。

 

「千里 人殺しに来たみてぇな顔してっからよ」

 

「その通りなんだよ……!」
千里は歯を食いしばる。

 

「そんな奴誰も相手してくれるわけねえだろ」
さらっと指摘するメガネの不良。

 

「……」
(その通りだ…)
千里は気合を入れるように自らの顔を叩く。
「そうだな サンキュ」

 

「サンキュ じゃねえ バーカ」
メガネの不良は千里の元を去っていく。

スポンサーリンク



 

工場内に入った千里はテレビのインタビューに答えていた工員と接触していた。

 

「…で…誰だって?」

 

作業員の言葉に、千里はインタビューの時に後ろでプレス機を使っていた工員についてと説明する。

 

「そうじゃねえよ あんたが誰か訊いてんの」
工員は千里を怪しんでいる。

 

千里は内心で、面倒くせぇな、と思いつつも自己紹介する。
「…山田千里 高3 行方不明の親父を捜してます…」

 

「山田…そうか」
千里の言葉を聞き、工員は何かに思い当たった様子を見せる。
「あんた山田さんの息子か」

夢で見たあの子のために 第2話 工場長

千里は目を見開く。

 

工員はそんな千里の様子を意に介することなく説明を始める。

 

約2週間前にテレビの取材の直後に仕事を辞めてしまった。

 

辞表を出したというのではなく、急に来なくなったのだという。

 

ワケありの人だったか、喋らない人だった、息子が居たのか、とひとり納得する工員。

 

行き先も告げずに消えた『山田』に関して情報は続く。

 

紹介状を持っていたから雇った。

 

身長は180くらいで、千里にちょっと似ている。

 

「見つけたら俺にも連絡してよ」

 

千里は口を差し挟むことなくじっと聞いている。
(山田…ビンゴかよ)
(人の事言えねぇが安直な偽名使いやがって…!!)
拳を強く握る。

 

工員は千里をじっと見つめる。

 

「誰か…仲の良かった奴……人とか居ませんか?」

 

千里の質問に工員は、山田はいつも一人でいたからなぁと口ごもる。

 

「場長! お先!」
手拭いを頭に巻いた太った男が右手を挙げて挨拶していく。

 

工場長は、おお、ノブ、と言い、ちょっと待てとノブを制止する。

 

「お前 山田さんと仲が良かったろ?」

 

「そーでもないっスけど2 3度飯くらいは…」

 

工場長は、息子かもしれない子が来てるからちょっと話してやってくれとノブに頼む。

 

ノブは、いっスよ、と了承する。

 

ノブの肩に手を置き、こいつから話を聞いてくれ、という工場長。

 

千里はありがとうございます、と頭を下げる。

 

「センリ君」
工場長は笑顔を浮かべる。
「親父さんには俺もひと言あるからさ 見つけた時は必ず連絡くれよな」

スポンサーリンク



『山田』の行き先

客でにぎわう南勝食堂。

 

ノブは、わるいね、と言いつつ、千里のおごりでテーブルに並べられた大量の料理に笑顔で箸をつけている。
「俺 大食いだからさ」

夢で見たあの子のために 第2話 千里

千里は、大丈夫、バイト代が入ったばかりだと答える。

 

ノブは千里に山田の息子なのかと問う。

 

千里は山田は珍しい苗字ではないし、幼い頃に別れたから知らないしわからないと答える。
「ただ…右腕に『火』の文字みたいな傷がある…!」

夢で見たあの子のために 第2話 火の男

ノブは箸を進めながら、なるほど、と納得する。

 

『火』の傷がテレビに映ったことを察したノブは、それならほぼ間違いなく『山田』は千里の親父だと答える。

 

『山田』は自分の事は全然話さず、30代にも50代にも見えた、と述懐し、さらに続ける。
「古いアパートにひとり暮らしで…引っ越した先も『何とか荘』だからきっと古いアパートだと思うぜ」

 

「引っ越し先知ってんのか!?」
千里は勢いよく椅子から立ち上がる。

 

ノブは『山田』に飯代を借りていて、新居の住所をもらっていたと説明する。

 

悪ぃ! とノブはメモを差し出す。

 

千里は、それを先に言え!! と語気を荒らげる。

 

メモに書かれている住所は新小岩。

 

随分近くに越したな、と思う千里。
(野郎…尻尾をつかんだぞ 今行くから待ってろよ…!)

 

南勝食堂から出て走り去る千里。

 

その千里の姿を電信柱の陰から何者かが観察している。

夢で見たあの子のために 第2話 千里と?

スポンサーリンク



 

千里は両手を膝に置いて息を弾ませていた。
(自転車で…来るんだった……)

 

千里の目の前には古いアパート『雲雀荘』がある。

 

(だが…ここで間違いない…! ここに…奴が居る…!!)

 

メモの、番地の後、最後の物件名『雲雀荘”奥”』に違和感を持つ千里。

 

(この…『奥』って何だ? 一番奥の部屋か…?)

 

千里は雲雀荘にゆっくりと入っていく。

 

床がぎしぎしと軋む。

 

廊下の奥に、開きかけたドアが見える。

夢で見たあの子のために 第2話 千里
(…奥?)
千里は無言でドアを見つめたかと思うと、近づいていき、おもむろにドアを開ける。

 

「ちょっとあんた! 誰!?」
千里の背後、部屋のドアが開き、中から太った女性が現れる。

 

「ここの住人じゃないわね」
女性は千里に対して、うろつくなら警察を呼ぶと脅しをかける。

夢で見たあの子のために 第2話 アパート住人の女性

(何だよまた面倒くせえ!)
千里は内心毒づきながらも態度には現すことなく低姿勢で女性に相対する。
「最近このアパートに越して来た人が俺の親父かもしれないんです」

 

はあ? と反応する女性。
千里の言い逃れだと指摘し、一年以上住人の入れ替わりがないと続ける。

 

千里は女性にコソ泥呼ばわりされて語気を強める。
「違ェーよ!!」
女性にメモを突きつける。
「この住所教わって来たらこのボロアパートに着いたんだよ! しょーがねえだろ!」

 

女性は千里の強い語気に動じる事無く、無言でメモを見る。

 

「…雲雀荘『奥』って書いてあるじゃない」
女性は静かに続ける。
「じゃあ…『奥』だわ」

 

千里は、やはり奥に部屋があるのか、と問う。

 

女性は、部屋ではないが、最近人が居たと答える。

 

「何なんだよ」

 

「ま……行ってみれば」
すっかり落ち着いた様子の女性がドアの先に行くことを促す。
「もう止めないから」

 

ドアを開けるとそこは部屋ではなく外に通じていた。

 

目の前には廃ビルがそびえ立っている。

夢で見たあの子のために 第2話 千里

ビルの入り口のドアには、立ち入り禁止のテープが何枚も貼られている。

 

「…何だこれ…?」
異様な光景にその場に立ちすくむ千里。

 

まだ千里の背後にいた女性は、一週間前に警察が来て貼っていったと説明する。

 

何があったのかという千里の問いに、女性が答える。

 

「最近そこに入り込んで住んでた男が死んだの」

 

千里の足元には「ヤマダ」と書かれた表札らしき木片が落ちている。

 

スポンサーリンク



感想

犯人にぐっと近づいたような展開を見せたが、実はまだまだ先は長いことを感じさせるラストだった。

 

『火』の男『ヤマダ』は確かにテレビに映っていた工場で働いていた。

 

山田姓を名乗り、『火』の男の偽名と同じだったというラッキーもあり、当初は千里を怪しく思っていた工場長も割と腹を割って話してくれた。

 

何度か食事を共にしたことがあるというノブからも新しい住所を知ることが出来た。

 

しかし、『ヤマダ』に関する人となりはほとんど聞くことは出来ない。

 

そもそも千里が知りたいのは『火』の男の足取りであって、そんな情報は求めていないだろうが、同僚が仮にも息子の可能性がある千里に対して『ヤマダ』に関する肯定的な評価を言わないということは、『ヤマダ』が余程存在を希薄にして、潜むように生きてきたのだろうと窺わせるものだと思った。

 

気になったのは『ヤマダ』に能々口製作所への紹介状を書いた人物が誰なのかということ。

 

通常、紹介は余程信用を獲得しない事にはもらえないのではないか?

 

それだけの関係を構築してきた人物が存在するのか? もしくは脅して書かせた?

まぁ、ただ単に職安から斡旋されただけならば話はそこで終わっちゃうんだけど……。

 

足取りを失った千里は、次はここらへんを糸口にするのかもしれない。

 

今のところ、犯人は男であり、腕に『火』と読める切り傷の跡があって、180センチくらいの体格をしているというのが犯人に関して分っている最低限の情報と言える。

 

犯人候補を推理しようとしても、何分まだ2話目で、何しろ登場人物が少なすぎる。今はまだ話を広げていく段階だ。

 

まだまだ物語は序章に過ぎない。

 

今後が楽しみ。

 

以上、夢で見たあの子のためにの第2話ネタバレ感想と考察でした。

前回第3話の詳細はこちらをクリックしてくださいね。

まとめて読みたい。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA