アンダーニンジャ第14話ネタバレ含む感想と考察。

アンダーニンジャ 第5話 川戸

第14話

※13話のあらすじのみ。14話はヤングマガジン発売後に追記予定です。

第13話のおさらい

少年は九郎から、別れ際に外国人を見つけることを依頼される。

それは下着泥棒をした汚名を帳消しにするためであり、九郎のスマホに録音されている川戸の音声データを手に入れるためでもあった。

少年の自宅があるアパートに辿り着くと、アパートの階段には深夜にもかかわらず少女が座っていた。

ドローンを飛ばしているからという理由でドロ兄というあだ名をつけられていた少年は、もう下着泥棒をする必要がなく、ドローンを飛ばさないからドロ兄ではないことを少女に告げる。

少女、純粋愛(じゅんな)は少年がもうドローンをいらないなら欲しい、と少年にドローンをねだる。

売るからダメと拒否する少年だったが、結局ドローンを触れなかったと残念そうな純粋愛の様子に、少し考えてこの辺りにいるという変態外国人について問いかける。

ヘンタイならすぐにわかる、と返す純粋愛に少年は外国人の特徴を告げ、もし見つけたならドローンを操作させることを約束して二階の自分の部屋に入っていく。

それと同時に、落ち武者のような容姿の中年男性が、純粋愛のそばを通りかかる。

何気ない会話を交わす純粋愛と落ち武者だったが、そこに純粋愛の父親が現れ、落ち武者を威嚇する。

 

スポンサーリンク



 

落ち武者は父親のあまりの剣幕に、慌てて自分の部屋へと逃げ帰る。

帰宅した落ち武者は深呼吸すると、すぐにちゃぶ台の前に座り原稿用紙にペンを走らせていた。

落ち武者はその間を吉田昭和という言い、20数年間もの間、売れない歴史小説家だった。

吉田は食事を済ませて、この日は寝ることにした。

玄関のドアのロックを外して、窓も同じように鍵を外す。

そして、今夜こそぜひ来てください、と儀式のように目を閉じて手を合わせてから布団に入る。

セキュリティがほぼゼロの状態に加えて、ダメ押しとばかりにアイマスクをかけて横になる吉田。

吉田はいつもこのようにして寝ることが習慣になっていた。

その習慣は、10数年前にやはり現在の自宅で眠ろうとしていた時、枕元に忍者が出現して以来続いていたのだった。

 

前回第13話の詳細はこちらをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

第14話

※後日追記します。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA