GIGANT ギガント最終話(第89話)ネタバレを含む感想と考察。

第89話

※前話”88話”のあらすじのみ。第89話はスペリオール発売後に後日追記予定。

第88話のおさらい

テレビのニュースは、アシモフのロボット三原則の遵守がAIの標準となり、ターミネーターのような未来は起こらなくなった。

学校帰り、中島と新宿を歩きながら映画談義をしつつも、零は未来から来た戦士たちのことや、巨大化したパピコのこと、そしてパピコと行った石垣島旅行のことを思い出していた。
手を繋いで歩くカップルばかりが目につく。
「ちほ……さん……」

夜、零はベッドの中で涙を流していた。
「ただの童貞じゃん。俺………」

夢の中、零はパピコの部屋でベッドに寝転び他愛ない会話をしていた。
零はパピコの腕に抱き着き、涙を流す。
「ちほさん僕……独りぼっちになっちゃった。ただの童貞。」

パピコはそっと零を抱きしめて、零が人類を救ったこと、それはすごいことだから胸を張って生きてと告げる。

無理だと泣く零を、パピコは励ますのだった。
「大丈夫…零君は……大丈夫……」

そしてパピコも涙を流し自分を迎えに来て欲しいと告げる。
「私…何度生まれ変わっても……零君、見つけるって言ったでしょ……」

朝が来て、目を覚ました零の目には涙が浮かんでいた。

スポンサーリンク



第89話

※後日追記予定。

あわせて読みたい記事。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA