九龍ジェネリックロマンス第29話ネタバレを含む感想と考察。

九龍ジェネリックロマンス2巻

九龍ジェネリックロマンス 第29話

前話第28話

九龍ジェネリックロマンス 第29話 感想

鯨井さん、グエン、蛇沼だけではなく工藤さんまで本人ではない可能性が……?

蛇沼はさらっと言っていたけど、これはかなり衝撃的な話だった。驚いた読者は結構たくさんいるんじゃないかと思う。
自分は正直、その可能性に気付きすらしなかった。頭の固さにうんざりする。

これはまだ、あくまで可能性ではある。でも、蛇沼が割と確信を以て言っているので、この説を完全に排除することはできないだろう。

そういえば、鯨井Bと付き合っていた頃の工藤さんは新人っぽくて初々しく、鯨井さんと会話している工藤さんは先輩として頼りがいがある感じだ。

もちろんそれは、働いて数年が経過して、成長して余裕が出てきたということで十分説明はつく。実際そうなんじゃないかなと思っているし、今のところそれが一番無理のない解釈だろう。

けど、そもそもかつての工藤さんとは違うということでも、納得いかないというわけではない。

スポンサーリンク



 

ただその場合、良くわからないのは、仮に工藤さんも鯨井さんと同じもう一人の自分(クローン?)だったとして、鯨井さんには工藤さんと付き合った記憶がないのに、工藤さんには鯨井さんと付き合った記憶があるということだ。

ひょっとしてクローン技術がまだ発展途上で、記憶が一部再現されないということなのか?
その再現されない記憶が、鯨井さんの場合は工藤さんと付き合っていた記憶で、工藤さんの場合はもっと別の記憶ということなのだろうか。

しかし仮に二人が同じ立場だったとしたら、覚えている記憶の量に違いがあり過ぎるように感じる。

鯨井さんは工藤さんと付き合っていたこと以外も覚えていない。工藤さんはかつて鯨井Bに教わったことを受け継いで今の仕事に取り組み、九龍で生活しているように見える。

鯨井さんが覚えていなさ過ぎるのか。工藤さんが覚えてい過ぎるのか。

なんかスッキリしないから、記憶が一部再現されない説は可能性低いかな……。

スポンサーリンク



 

鯨井さん、グエン、蛇沼だけではなく工藤さんまで本人ではない可能性が出てきたことで、いっそ九龍の住人すべてがそうなんじゃないかと思えてきてしまった。
みんな別の場所でコピー元が生きているか、もしくは、逆にコピー元が全員死んでいるか……。

ただ、仮に九龍の住人すべてがクローンだったとして、もしそうであれば、一体何のためにそんなことが行われるのだろうか?

すぐに思いついたのはジェネテラかな……。
もう一つの地球に住まわせる住人を何者かが用意したというのはどうだろう?

かなり壮大な計画だけど……、一体誰が、何のためにそんなことを主導するのかわからない。

きっと、古今東西のSFに造詣が深い人であればもっと色々と発想が広がるんだろうな。

スポンサーリンク



 

とりあえずこれまでの蛇沼の言動を見ていると、それらが示している可能性は、何かの計画っぽいんだよな……。
かといって、蛇沼は世に貢献することを志しているようには見えない。
逆に、父親からの非人間的な扱いを受け、世に対する憎しみを募らせているという見方の方が自然だろう。

彼の野望が何なのか、その成就が世の中でどんな意味を持つのか。
それに対して鯨井さんや工藤さんがどう関わっていくのか。

いよいよ謎が深まってきた。次号でどんな新事実が出てくるのか楽しみ。

以上、九龍ジェネリックロマンス第28話のネタバレを含む感想と考察でした。

第30話に続きます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA